今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

父・麻原彰晃(松本智津夫)と別れてから20年



 「成長した現在の麗華さんを、麻原元代表が見たらどう思うのだろうか? 嬉しくないわけはないね。」

 こんなコメントをいただき、胸が熱くなりました。父と一緒にいたころは子どもだったから、ちゃんと話せませんでした。言いたいこと、疑問に思ったこと、うまく言葉にできなかった。いまだったら、ちゃんと話せるのに。

 先日、「もし、お父さんが逮捕されなかったら、どうしたかった? お父さんとなにをしたかった?」ふいにそんなことを聞かれ、目の前がぼやけてしまいました。

――考えたこともありませんでした。父と一緒の現在。60歳の父と大人になったわたし。どうしたかっただろう。二人とも強情なところがあるから、喧嘩してばかりだったかな。「お父さんなんて、嫌い」と言っていたかもしれない。今はお父さんを好きだとしか言えないけど、ちょっとした喧嘩で嫌いだとも言える関係。それって幸せなことかも。

 もし、父がいたら、わたしは結婚していたかな。結婚式をしたいと言ったら、父は参加してくれただろうか。そんなあり得ないことが、とっさに頭の中に浮かんでいました。(実際は恥ずかしいので、結婚式はしたくないですよ!)



花嫁 父親 アーチャリー 麻原彰晃


 昨日、川辺を歩いたら花がたくさん咲いていました。ツツジはもうすぐ散ってしまうようです。次はあじさいの季節になり、あっという間に夏がくるのでしょう。時が過ぎていきます。
結婚式を連想したからか、松田聖子さんの『赤いスイトピー』が頭の中を流れていました。

春色の汽車に乗って、海に連れて行ってよ〜♪



花 アーチャリー 麻原彰晃


 父の逮捕からぴたりと止まった時計が、本を書き始めてから、ゆっくりと動き始めました。出版後は動く速度が速くなっているように感じています。いまはいろいろなことを経験させてもらっています。そのすべてが未来のわたしを創っていくのでしょうね。

 もしも父が帰ってきたとき、誇れる自分でいたい、何より自分に誇れる人間でありたい。そう願っていましたが、わたしはこれまでそのように生きてこられたでしょうか。

――こうすればよかった。ああすればよかった。そういう思いはあります。しかし、それは過ぎ去ったいまだからいえることに過ぎません。
後になって間違っていたと感じることであっても、そのときそのときを一生懸命に生きていたなら、その結果を受け入れられる気がします。
 「カルペ・ディエム」という言葉があります。ローマの詩人ホラティウスという人の言葉です。日本語では「今を生きろ」とか「今を掴め」とか訳されるようです。考えてみれば、つねに、全力を傾けられるのは「いま」だけなんですよね。そうやって生きられれば、過去は真剣に今と向き合った自分しかいなくなります。

考えれば不安になります。先が見えません。
でも、何とか、自分を大切にして、現実を、いま起きていることを感じて、向き合って生きたいです。



東京拘置所 アーチャリー 麻原彰晃


 父と別れてから20年ということで、今日も2013年11月から2014年3月までに書いたものをまとめてアップしました。読んでいただけると嬉しいです。

今までの経緯(まとめ)


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:日記, 20:29
comments(12), -, -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 8:03 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 6:42 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 5:12 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 4:55 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 2:44 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 10:25 AM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 9:27 AM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 4:18 AM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/17 2:38 AM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/16 10:22 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/16 9:45 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2015/05/16 9:18 PM