今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

4月8日 光文社に対して通知書を送付しました。

 

 

4月8日 光文社に対して通知書を送付しました。

 

『WEB女性自身』に2015年6月6日に掲載された「『三女の本は嘘ばかり』麻原彰晃四女が語る“一家”のいま」とする記事に対する削除と謝罪を求めたものです。

 

 

通知書

 

 私は松本麗華と申します。貴社は、貴社が運営するホームページ『WEB女性自身』に2015年6月6日に投稿された「『三女の本は嘘ばかり』麻原彰晃四女が語る“一家”のいま」(https://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/12306)との記事(以下、本件記事といいます)において、妹(四女)の言葉として、「本はまったくフィクションと言っていい。なかには尊師は凄いと書いてある。オウムを否定する言葉もない」「三女にも取り巻きの元信者がいて、彼らの援助で生活している」と記載し、また、「公安調査庁は三女のアーチャリーがアレフの幹部になっていると認定」「長女は別として、聡香さん以外はいまだどっぷりオウムに浸かったままと見ていい」と記載していますが、これらは事実に反します。
私は『止まった時計』(以下、自著といいます)で書いたように、客観的な裏付けをとり、ノンフィクションとして書いています。また、「尊師は凄い」とは自著のどこにも書いていませんし、宗教活動を行っていた当時から父は精神疾患だったのではないかと疑義を呈しています(65頁)。さらに、「オウムは『救済だ』という一方的な価値観の押しつけによって、多くの人の権利を奪いすぎました」(283頁)、「オウム事件は、決して起こしてはならないものでした」(284頁)等と、オウム事件を否定しています。「取り巻き」などいませんし、私自身自分で収入を得て生活しています。
また、公安調査庁は2014年の観察処分更新請求時に、私のことを幹部と主張しましたが、公安調査庁の主張を審査する公安審査委員会は幹部とは認定していません。なお、2017年12月の観察処分更新請求時には、公安調査庁は、私が幹部だと主張するのをやめています。私は宗教団体Alephからあたかも犯罪者であるかのように虚偽の事実を広められ、「悪魔」「気が狂っている」とまで言われています。そのため、『止まった時計』出版前の2014年12月の時点で、Alephに対して名誉毀損に基づく損害賠償請求を行い、現在も係争中です。
本件記事の内容は、上記の通り事実に反し、私の社会的評価を低下させるものです。加えて、「三女の本は嘘ばかり」とのタイトルは本件記事の本文と合致しておらず、いたずらに私の社会的評価を低下させるものです。

 従いまして、事実に反する本件記事の掲載に抗議するとともに、ホームページ上から本件記事の当該部分を削除することを求めます。

 

 この通知書が到達後10日以内に削除し「指摘部分が誤りであることを認め謝罪します」旨の謝罪訂正文が掲載されないときには法的手段をとることを検討します。

 

2018年4月8日

 

東京都文京区音羽1−16−6
株式会社光文社 代表取締役 丹下伸彦殿

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
松本麗華

 

 

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 14:51
comments(4), -, -
コメント
もう皆知ってる。
週刊誌は嘘つき。でも週刊誌は本当の事も嘘も書く。
いちがいに嘘じゃない。と皆思ってる。
人権も無視、週刊誌は、やっている事が犯罪と解っててやる。
そのリスク以上に反響があればOK!
謝ることも謝罪する事も間違った事しましたって認識している上でやる。
裁判などでも負けても平気。
もう出しちゃったから。

本が売れた利益の方が上だからOK!

あきれ果てて唖然とします。
自分さえ良ければって。
俺は週刊誌嫌いなので立ち読みだけで買いません。
悪口しか書いてない。
しろぽん, 2018/04/10 6:39 PM
お疲れ様です!すぐに解決するといいですね。どういう対応がなされるかで、光文社がどんなところか分かると思うので、結果の方も、どこかで発信していただきたいです。
よっしー, 2018/04/09 11:21 PM
オウムだからときちんと言説の真偽検証さ
れずに情報発信されるのは極めて乱暴。
「100%確実な事実」と「検証したが100%
とは言えない仮説」とはきちんと区別して
メディアは扱う必要がある。

当然の抗議ですね。
ジェロニモ, 2018/04/09 11:16 PM
いちいち全部つぶしていくのも面倒ですね。ただ、光文社さんも世間からそれなりに信用されており、「女性自身」さんもそれなりに社会的影響力があるから見過ごせず抗議しているわけで、光栄に思ってもらいたいですね。(笑)
大熊真春, 2018/04/09 8:00 PM