今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

一番、気配りしていた人

父が細やかに気配りしたり、看病したりしたのは、家族に限ったことではありませんでした。

熱を出している人がいたらサットヴァレモンを持ってお見舞いに行ったり、怪我や病気がひどい人がいると、父は真夜中でも車で駆けつけたりしていました。

寝ているところを起こされ、誘導を頼まれたこともあります。

父自身が休んでいるところに報告を受け、すぐに用意をして駆けつけたこともありました。

本人に調子はどうかと声をかけたり、状況を聞いてアドバイスをしたり、元気を出すように励ましたりと、怪我した人の状況や性格に応じたお見舞いをしていました。

怪我が早くよくなるような修行法の伝授をしたりすることもありました。

 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:父が全盲であることについて, 10:38
comments(5), -, -
コメント
歴代アメリカ大統領御用達の教会2

そこに本当のキリストの岩の土台がある、

麗華さんが第三者としてよくある芸能人で自分は日本で超セレブな生活をしてアフリカの飢餓や貧困による子供達の現状をしきり講演などで訴えて、

そのアフリカにフアーストクラスの航空便で乗り込み現地の5つ星のホテルに泊まり貧困キャンプにリムジンで乗り付けデレビカメラの前で叱りに援助を訴える芸能人をどう思うか?

まともな思考の者なら偽善以外の何者でもなくおかしいと思うはずである、

しかし何十年にも渡りその様な芸能人の活動が続いているのは何時の時代にもどの国にもその大衆のそれを成り立たせる蒙昧な性質があるに過ぎない、

これを麗華さんは若いながら経験上も理論上もよく熟知している、その上での先の本の出版なりその後のこのblogや活動での展開する主張の内容だと思われる、

しかしその計算や目論みは当初の考えと異なり行き詰まりがある様に思われる、

ならば、一転して逆方向を目指すべきである、あえて自身を悪い人間と主張するべきである、自身の過去に事実には無い悪い噂や評判をあえて事実と偽り自身は悪の人間と主張するべきである、

その場合、通常の計算と逆方向の作用が起こる、

今の麗華さんの様にしきりに自分は幼い頃から心清き良い人間と主張するなら世間の大衆でない思慮ある人間ならそれを鵜呑みにする者はいない、単なる偽善者と見抜かれるのみである、

逆に自分は悪い人間だ!と主張する者に対しては大衆も含めそれを本当に悪い人間と思う者は逆にいない、

麗華さんが第三者として誰かが自分は極悪非道な人間でいつも自分の事しか考えない、過去にこんな酷い事もしていたと自ら主張する者に対して偽善者と思うだろうか?心にもない事を平気で言う人で信用出来ないと思うだろうか?

そうでなく随分と馬鹿正直な人と思うと思う、少なくとも偽善者の様な鼻をつまみたくなる様な印象は持たないはすである、

そこまで自分を悪い人間と主張する相手に対しては過去はどうあれ未来は違う事を望まないだろうか?

それがまともな人間の思考である、
ゴラス, 2017/08/22 10:21 AM
歴代アメリカ大統領御用達の教会

今年の行ったワシントンDCの観光で最も驚き印象的だった事にホワイトハウスの近くにある教会がある、

この教会はピューリタン系の教会でガイドブックに載っている有名な教会、

かなりの歴史がある教会らしくホワイトハウスから最も近い場所にある事でルーズベルト以来歴代のアメリカ大統領の就任式に際してその大統領が礼拝に与る事が仕来たりになっている教会との事で教会の中には大統領家族専用の礼拝の席もあるとの事、

ガイドブック片手にその教会に行ってみるとその教会は通りの角にありアメリカの中においては大きくはない教会でむしろ小さい部類の教会、木造の教会でごく普通の教会、その様な歴代大統領との関係を知らないならその前を歩いても全く気にも停めない特に印象的でもないアメリカではありふれた教会、

最初は間違えて別のそこらの教会に来たかと思い何度も番地や教会名を確認したがその教会で間違いはない、歴代のアメリカ大統領とその家族が礼拝に訪れる教会と意外なアメリカではありふれた感じの教会である、外見的に全く特別な感じがしない、
最初に行った時は夕方近くで既に教会は閉まっていて翌日の日曜の早朝に礼拝があるとの案内の掲示があり宿からも近い事もあり翌日の早朝にその教会の礼拝に行ってみた。

教会の中に入ると中も至って普通な感じ、礼拝に与る信徒達も至って普通で、普通の子供連れの主婦やビジネスマンの様な男性や酔っぱらいの様な黒人男性や学生の様な普通な若者など全席の3分の1程度の信徒の数でこれもごく普通な感じ、

説教をする牧師も40歳位の比較的若い男性牧師で説教の感じも内容もごく普通、礼拝の流れも日本の一般的なプロテスタント教会の礼拝の流れと略同じ

しかしその礼拝後の私が見た信徒達は日本の教会とは違っていた。その教会の入り口の外にベンチが向かい合って置いてあり礼拝後にそのベンチに黒人のヨレヨレのシャツとジーンズの中年男性とかなりの良い上等なスーツを着た白人男性とかなり太っている中年の白人女性の三人が座りながら何やら親しい感じで話をしている、

偶々その対面するベンチに座った私はその三人の様子を見ていて何となく気になりその三人に話かけたところ、その三人はその教会の信徒であるとの事、
上等なスーツの白人男性はホワイトハウスの関係の人間らしく相当に育ちも良いエリートな感じ、ヨレヨレのシャツの中年の黒人男性はどうやらアルコール中毒の破綻者らしい、かなり太っている中年の白人女性は精神を病んでいるらしく生活保護の様な生活をしているらしい、

その時のその三人の話としてはどうやらそのヨレヨレのシャツの中年黒人男性が酒が止められなりそのアルコール中毒についての話をしていた様である、酒が止められなくなにもかも上手く行かない、前向きに考えられない
悩みを聞き他の二人が色々とアドバイスとかしていた様子である、

内容としては何らの特異な事でもない様に思われるが、日本での教会では私の色々と行った経験からは考えられない事である、

日本の教会でもその様に社会的にその地位や立場が全く違う者が教会の礼拝に集まるが、この様に単なる表面的でなく偽善でなく信徒同士が交わる事は先ず無い、ほとんどがクリスチャンとしての表向きの交わりのみである、

日本の場合、教会に限らずお寺も町内会も会社などの職場関係もほとんど本質的に便宜的な建前の関係に過ぎない、歴史は長くも民主主義の浅い希薄な日本の文化的な傾向である、

一般的に日本では自分の言葉で語らない、社会の為、みんなの為と言いながら結局は自身を良く思われ自身が得をする為の主張に繋がる、日本での政治家や文化人や芸能人など全てこの類いである!そうでなければそのプロと言えない、この類いの人間は素人に通用すれは良く本質など考えない、所詮は日本の社会においては本質や意味を考える必要も意味も無い、日本の社会とはそういう社会である、アメリカと日本では所詮はその社会の存在する意味が異なるからである、

アメリカは本質と本音が大事であり日本は建前と偽善が大事である、

麗華さんは明らかにその日本の社会で順応した主張とパフォーマンスを展開しているが、お父さんに寄せるその愛情だけは本音であり嘘はないので、本来なら通用するはずの大衆にも受けないで受け入れられないでる、

ならどうするべきか?ここまで来たなら逸そ一度、今までを御破算にして一転してあえてアメリカ式の演出でない本音と自分の言葉で語るべきである!

それは自身で自分が罪人であり自身の人格障害を自分の言葉で語る事である!どんなに世間から退かれても自身の罪人である事と人格障害を自分の言葉で語り続ける事!そこに本当の
ゴラス, 2017/08/21 10:45 PM
私はあの上祐さんと同じ世代で一連のオウム事件騒動の世代なのですが、一連のオウム事件騒動当時は私はオウムに関心が殆んどありませんでした。

最近にオウムやその麗華さんに関心を持つ様になり、それまでは色々な事から自死なども考える毎日でした。とは言え私はオウムの信仰など全くありません!

イカれたお粗末な私が何であるかなど別にして私が思い麗華さんに伝えたいのは、

松本智津夫と麻原彰晃は別であり、松本智津夫さんは麻原彰晃に憑依されそれを表す道具に過ぎず、死刑囚として獄中にいるのはその麻原彰晃の抜けたもはや要済みの灰人と化した松本智津夫さんに過ぎず、麻原彰晃は今はアレフにいると思います。

そしてオウム教団の他の上祐さんや早川さんや村井さんらの信徒らはこの麻原彰晃の一部であり松本智津夫さんも麻原彰晃の一部に過ぎない、各々別でなくオウム教団全てが麻原彰晃である!

そしてその松本智津夫さんの体に憑依して現れた麻原彰晃の力の根源は何か?

オウム教団を語る時、とかく洗脳なりマインドコントロールなり言われますが、それは教団の途中からの成長の要素であり、その元凶の松本智津夫さんはそもそもその様な心理学なり技術を知る専門家でなく視覚障害者の一介の整体師に過ぎず、

そもそもあれだけの短期間にあれだけの教団を作り上げる技術があるとしたら最高軍事技術になり松本智津夫さんがその様な国家機関に繋がりがあった形跡も無い! つまりオウム教団の原点には洗脳なりマインドコントロールの技術は無い!

麻原彰晃の力の根源は水俣病の元凶に対する大自然の意思である!

しかし松本智津夫さん自身にもオウム教団自体にも水俣病の意識など全く無い!

霊媒とは未定、未知、未確定のXであり媒体である、つまり松本智津夫さんは麻原彰晃の媒体としての霊媒の道具に過ぎず、その麻原彰晃の根源には水俣病がある、

しかしその水俣病と麻原彰晃とオウム教団と一連の事件を結び付ける事実は何らも無い!単に麻原彰晃こと松本智津夫さんの視覚障害の原因が水俣病にある事だけである、

つまり形而上では成り立たない未定、未知、未確定のXに過ぎない、

しかし松本智津夫さんの娘であり麻原彰晃のアーチャリーこと麗華さんはその事実を霊媒の媒体として受け止めるべきだと思います。

その意味で麗華さんは水俣病を知り、出来れば熊本県の水俣を訪れてその舞台となった不知火湾の自然に対し何らかの形でその供養をさせるのが良いかと伝えたく思う次代です。

さすれば麗華さんのその良き優れた資質は必ずや良き形で発揮されるはずです。

ゴラス, 2015/11/24 9:50 AM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2014/09/10 4:30 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2014/08/26 12:17 AM