今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

選挙に行こう!

 

 7月2日(土曜日)、7月にオープンしたばかりのLOFT9 Shibuyaで行われた、

「自由解放特区9(フリーガチトーク9) ニッポンの未来はどうなるよっ!? どうしても伝えておきたい参院選の行方(とあれやこれや!!)」

に参加してきました!

 

 出演されたのは、

 首都大学東京教授の宮台真司さん
 立教大学教授の香山リカさん
 弁護士の水上貴央さん
 弁護士の倉持麟太郎さん

 という、豪華キャストでした!
 

 

 憲法について面白い話を聞きました。

 

 水上貴央さんによると、立憲民主主義の視点で見れば、今の与党の憲法改正案は、憲法改正ではなく憲法破壊だというのです。

 

 そもそも現行の憲法の役割は、強大な圧倒的な力を持つ国家や権力から、国民の権利を守るところにあります。日本の戦前は、自分の持つ思想を自由に表現することも許されませんでした。国家にとって都合の悪い思想を持つ人は、「赤だ」「非国民だ」とレッテルを貼られ、人権を守られず、6歳の子どもまで拷問で殺されています。
 国家や権力が暴走しないように、国民一人一人の権利である「人権」を守るもの、それが現在の日本国憲法です。

 

 確かに、人権について具体的に明記されておらず、「憲法」という形式や名前だけを使っている国もあります。こういう国では、「憲法」を理由に、弾圧や、拷問、ひどいときには殺されてしまうおそれもあります。内容は関係なく、「憲法」という形式だけを採用しているので、形式的意味の憲法というそうです。

 

 もちろん、現在の先進国は、フランス人権宣言16条に「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていない社会は、すべて”憲法”を持つものではない」とあるように、権力を制限することにより自由を保障しようとする、立憲的意味の憲法を採用しています。
 日本国憲法もこの立憲的意味の憲法を採っています。

 

 ところが、与党の「改正」案は、権力者の権限を制限せずに、人権保障の範囲を狭め、市民の義務を作るのだそうです。
 こうなると、「憲法」という名の、国民を縛るための道具になってしまいます。これではそもそもフランス人権宣言16条にあるような憲法ではないので、現在行われている議論自体が筋違いとのこと。憲法改正ではなく、憲法破壊が正しい表現となるということのようです。たしかに、国民の人権を守らない憲法は憲法とは言えませんね。

 

 改正案を読んでいないので、どこがどうなっているとは言えないのですが(勉強不足で、すみません)、それが本当なら大変なことが起こります。与党がどのように憲法を変えようとしているのかがもっと周知されるべきですし、議論がなされるべきだと考えています。

 

 水上貴央さんの新刊です。面白い視点で書かれています。

 『ガチで立憲民主主義』

 


 なんと第2部で、鈴木邦男さん、参議院議員の山本太郎さんと、恐れ多くもわたしも、急遽登壇し、質問させていただきました。

 

loftイベント

 

 そもそもこのイベントに伺ったのは、今回の参院選でどこに(誰に)投票したらいいのかという疑問があったからです。選挙がある度にどこに投票したらいいのか悩むのですが、今回はいつもに増して難題です。選挙の争点の一つである「改憲」は日本が今後どこへ向かうのかという切実な問題です。


 強大な国家から一国民を守ってくれるのが憲法です。どのような出自であろうと、どんな思想を持っていようと、個人として国家から守られる。現行の日本国憲法は、戦前の国民をないがしろにした反省を踏まえたものです。

 わたし自身、なんとか生きてこられたのは、現在の憲法に人権が謳われていることが大きな要だったと思っています。時代が違えば、憲法に人権が明確に保障されていなければ、私はこの世に存在していません。わたしはこの憲法を破壊してほしくない。現在の憲法を国家の力を強めるものへ変遷させ、破壊させようとしている政党は論外です。憲法保持の政党で、応援したら議席が取れそうなところはどこか? わたしの一票が無駄にならないためには、どなたへ一票を入れたらいいのか。

 

 この疑問を登壇したみなさんにしてみました。答えは、水上貴央さん、山本太郎さんに話を伺って腑に落ちました。

 

 大事なのは、自分たちの声を直接聞いてくれるのは誰か、議員さんを使って自分たちに何ができるか、この人が議員さんになったらこんなことしたい、という発想ということでした。
 この議員さんはわたしたちに「何をしてくれるか」ということで選びがちだけれど、その人に任せておけばいいなどということはないということ。確かに、すべて任せるというのは、思考停止であり、無責任ですよね。

 

 考えてみれば当たり前のことです。議員は市民の声を代表する人。自分の声を代弁する人です。これが間接民主制の基本です。議員さまは雲の上の人と思い、遠いのが当然だと思っていた自分は無責任だったと反省しました。投票するべき人は、自分の意見を直接政治に反映してくれる(反映してくれそうな)人が一番いい。

 

 比例代表では今まで知り合った候補者さんを思い浮かべて、もう少し悩んでみようと思っています。皆さんに当選してほしい。そう思うと、自分に割り当てられた1票がとても貴重に感じます。

 

 山本太郎さんの「数年したら、発言することもできなくなるかもしれない。僕は本当に危機感を持っています」とおっしゃっていた言葉が重かったです。いま声を上げなければ、自由に思想信条を口にすることができない国になってしまう。そうなれば、戦前と変わりありません。

 

 さて、どうするべきか。もう時間がないぞ。

 

 選挙に行こう!

 

続きの記事もどうぞ。

「選挙に行こう!(2) 憲法について調べてみた」

「選挙に行こう!(3) 憲法について調べてみた」

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 15:05
comments(14), -, -

九州・熊本の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。


九州・熊本の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

4月14日から、父が生まれ育った地でもある熊本で地震が続いています。
皆さまのご無事と、少しでも早い復興を願っております。



 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 18:12
comments(4), -, -

菊地直子さんに無罪判決 (2)



 無罪判決直後のTwitterの投稿では、菊地さんがどのような役割をしたのか知らない多くの方が、この無罪判決に不満を表明されました。それはオウム真理教内の様子や、いわゆるオウム事件を詳しくご存じないからなのかもしれません。
 
 子ども時代をオウム真理教で過ごしたわたしは、マスコミ報道を見る限りではありますが、ようやくまっとうな判決が出たと感じ、ほっとしています。
 
 わたしは菊地さんが、運んだ薬品が何に使われるかの「認識がなかった」というのは、本当のことだと信じています。
 
 当時教団では、近い将来に世界戦争が起こると信じられていました。菊地さんは、そうなったときに自給自足していくために、農薬をつくる必要があり、その農薬の原料を運んでいるのだろうと、思っていたようです。
 
 菊地さんには、教団が人を傷つけるために薬品を用意しているという、発想自体なかったのではないでしょうか。運んだ薬品が爆弾の材料だったと知り、被害者の方の存在を知り、一番驚き、後悔し、傷ついたのは本人だったのではないかと思います。
 
 わたしもまた、強制捜査後まで、いわゆるオウム事件に、オウム真理教が関わっていることを知りませんでした。ネズミもゴキブリも殺せない人たちが、殺人に関わるという発想を持つこと自体が難しかったのです。
 
 釈放後、菊池さんは以下のようにコメントしました。
「『当時はわからなかったとしても、この事件で重篤な被害を受けた方がいる。それ以外にも客観的にはあなたの行為によって被害を受けた方々がいることを、心の中で整理をしてください』と声をかけていただきました。私といたしましても、内海様や、きょうの裁判長からの言葉を、今後の人生の中で、重く受け止めてまいりたいと存じます」(NHK NEWS WEB
 
 また弁護人も
「大変なけがをされ、苦しまれている人がいることは、われわれも彼女も忘れてはいない」(Yahooニュース)
と発表しています。
 
 これらを読み、菊地さんの現在の気持ちの一端をうかがい知ることができました。
 


 
 運んだ薬品が犯罪に使われるという認識がなかった以上、無罪判決は当然のことだと思います。
 
 国家が憲法や法律に則って厳正に判断をすることは、わたしたち一人一人の人権を将来にわたって守るために、必要不可欠なことです。印象や世論によって、憲法や法律がないがしろにされることは、避けなければなりません。
 
 憲法や法律が無視されることでわたしは苦労してきましたし、またそれらによって守られてもきたので、心からそう感じています。





 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 20:13
comments(21), -, -

菊地直子さんに無罪判決




 2015年11月27日――昨日の午後、東京高裁が菊地直子さんに逆転無罪判決を出したと知りました。裁判員裁判の第一審では懲役5年という重い刑だったにもかかわらず、無罪判決が出たというのです。
 
 このことを教えてくれたのは姉ですが、すぐには信じられませんでした。菊地さんの高裁判決の日だということは知っていたのですが、姉に担がれているのではないか、と思うぐらいに驚きました。
 
 夢を見ているのだろうか。――夢に違いない。
 
 今まで裁判所は、いくつかのいわゆるオウム裁判において、井上嘉浩氏の矛盾し変遷する「証言」を切り貼りし採用してきました。菊地さんの第一審判決は、井上証言を重視したものでした。
 
今まで見てきた一連のオウム裁判の流れから、わたしは東京高裁でも、菊地さんの有罪判決は既定路線だろうと考えていました。何も知らないで事件に巻き込まれた菊地さんのことを思うと、胸が痛みました。
 
 それが、逆転無罪判決。
 
 菊地さんの事件について、「元捜査幹部は『菊地元信徒は逃亡したからこそ注目を浴びたが、オウム事件全体でみると果たした役割は小さかった。事件に直結する役割ではなく、元々、立証に難しさはあった』と話す」(朝日新聞デジタル)とあるように、立証が難しい事件だったようです。
 

「オウム事件捜査を担当した警視庁OBの大峯泰広さん(67)は『被告の当時の上司だった土谷正実死刑囚らから、被告に事件の計画を話したという供述を得られなかった記憶がある。状況証拠を詰め切れたとは言えず、判決は致し方ない気もする』」(毎日新聞ニュースサイト11月27日)という状況下で、証人として出廷した元幹部の誰の証言を採用するのかで、第一審と第二審の判決が分かれています。
 
東京高裁は、井上証言を信用できないと退けたそうです。





 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 12:00
comments(11), -, -

ツイッター、フェイスブック、ブログ。

ツイッターとフェイスブックを始めて、ひと月。

使い分けできるだろうか、混乱するのではないかと自信がありませんでした。
どのように使い分けるか決めたくても、そもそもそれぞれのツールの違いも理解していなかったのです(今も理解できてないですが……)。

コメントで何人かの方に「混乱しているのでは?」と鋭いご指摘をいただきました。
その通り、わたしは混乱していました。

ということで、整理。


ツイッターはつぶやくので、変なこと言っていることがあってもスルーしていただけるとありがたいです。

フェイスブックは、交流させていただける場所。
安心して発言したいので、基本的に友だちのみに公開にしようと思います。興味を持ってくださる方は、是非友だち申請してください!

フェイスブックの課題は、「いいね!」ボタン。どうしたらいいんだろう?
「いいね!」は読んだという合図だと思ったのですが、どうも違うらしいです。
「いいね!」って、なに?
シェアのルールもよく分かりません。もし、失礼などありましたら、教えていただけると幸いです。


結局、ガラケーの方からのリクエストもあり、記事の投稿はブログ中心にしますね。

ツツジ アーチャリー 麻原彰晃

あ、それから、4月24日の投稿は混乱させてしまう書き方をして、すみません。
わたしの誕生日ではなかったのですが、誕生月ということでお祝いをぱらぱらといただいていましたm(_ _)m。
また、わたしにプレゼントを贈りたかったと仰ったくださった方、お気持ちに感謝いたします。
誕生を喜んでいただき、うれしかったです。

今後ともよろしくお願いします。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 02:12
comments(24), -, -