今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

鈴木邦男さんとの対談(1) (『テロルの決算』【沢木耕太郎】とつながっていた!)



 ブログ訪問、コメントをありがとうございます。

 「月刊『創』はいつ発売ですか」という問い合わせを何件もいただいています。
6月5日にすでに発売されています。書き方が悪くてすみません。よろしければ、お読みください。


 5月27日に『紙の爆弾』という雑誌で鈴木邦男さんと対談させていただきました。

 お会いするまえ、鈴木さんについてわたしが知っていたことと言えば、2004年3月に和光大学から入学拒否をされた際、入学拒否に対して反対の姿勢を示してくださったということ、3年ほど前に読んだ『公安警察の手口』を書いた方だということ、プロフィールに書いてあった『一水会』という新右翼団体の顧問をされていること、予備校の講師をされていることぐらいでした。ただ、時折、鈴木さんが書かれた記事を目にすると、世間で極悪人とされる父・麻原彰晃(松本智津夫)に対しても眼差しが優しく、人を否定されない方なんだろうなという印象を持っていました。

 しかし、「一水会」ってなに? 「右翼」ってなに? 「左翼」ってなに? どうして公安警察に監視されたの? と疑問が残っていました。『公安警察の手口』を読んでも、調べてみても、自分の言葉として説明できるほど理解するには至らなかったのです。


テロルの決算 アーチャリー 麻原彰晃
【テロルの決算(文春文庫)】http://www.amazon.co.jp/dp/4167209144


 ところで、対談のお話が決まったころ、沢木耕太郎さんの『テロルの決算』を途中まで読んでいましたが、時代背景が分からず、自分の中でうまく情報の整理ができませんでした。学生時代に、浅間山荘事件や連合赤軍について興味を持って少し調べたことがありましたが、自分にとっては戦前・戦中とあまり変わらない遙か昔の出来事でした。『テロルの決算』の時代も同じ感覚でした。

 しかし、よくよく考えてみると――鈴木さんが経験されてきた時代と『テロルの決算』の時代は同じなのではと、対談の当日に気がついたのです。そっか。そっか。鈴木さんは、『テロルの決算』に出てくる山口二矢(おとや)さんや浅沼稲次郎さんのいた時代をリアルに経験された方なんだ! と思ったら、今までの情報が繋がっていきました。

 「あの」時代の「渦中」を実際に体験して走り抜けてこられた方だったんだなと、そんなことを考えながら鈴木さんとお会いしました。もうドキドキですよ。あの時代を第一線で経験した方にお会いできてしまうんですから。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:日記, 00:10
comments(6), -, -

らっきょう祭り1(日記)



 久しぶりの更新です。コメント拝読しています。ときには唸り、ときには元気をもらっています。ありがとうございます。

 今日は「生らっきょう」の季節なので、らっきょうの話です〜。

 先週、らっきょうを1キロGetしたです。
「生らっきょう」はお初なんですよ。わくわくします〜。お店の人いわく、伝統の鳥取産だそうです。


生らっきょう アーチャリー 麻原彰晃

 1キロもあるので漬けるだけというのはもったいないですよね。(その通り)
あ、やっぱりそう思いますか。そうですよね(・・)(。。)、いろいろ作りたい〜♪

 ということで、おいしそうなレシピをいろいろとピックアップしました。次々と作っていきます。

 らっきょうといえば「らっきょう漬け」です。とにもかくにも、まずは漬けましょう〜。でも、悲しいことに2週間かかるみたいです。
 ここはできあがりを楽しみに待つしかないですね。レシピのアレンジはほぼなく、350グラム用に変換して作ります。

らっきょう漬け アーチャリー 麻原彰晃
【簡単らっきょう漬け】http://cookpad.com/recipe/1846573


 さて、次は……こんな美味しそうなレシピを発見していました。「簡単◎ほくシャキ生らっきょうの混ぜご飯」です。

混ぜご飯 アーチャリー 麻原彰晃
【簡単◎ほくシャキ生らっきょうの混ぜご飯】http://cookpad.com/recipe/2696517

 これに200グラム使います。で、同じく鳥取の「とうふちくわ」と紫蘇を混ぜ込むというアレンジを。紫蘇もちくわも美味しい。成功間違いなし! ちなみに豆腐ちくわも初めてです〜。

島らっきょうのフリット アーチャリー 麻原彰晃
【島らっきょうのフリット】http://www.okireci.net/recipe/3580/

 本日のメインはこちらです。レシピは「島らっきょうのフリット」。本当は沖縄特産の島らっきょうを使うようですが、揚げるときまで気づかなかった。島らっきょうとらっきょうは違うのですね。沖縄の方、鳥取の方、勉強不足で申し訳ありません。どうしようかなぁ。200グラムぐらい食べたいな? これ美味しそう!

島らっきょうの塩漬け アーチャリー 麻原彰晃
【島らっきょうの塩漬け】http://cookpad.com/recipe/1586301

 次は「島らっきょうの塩漬け」。これは翌日には漬かって食べられるみたい。翌日は出かけちゃうから、翌々日の楽しみにー。100グラム? でも、それだと寂しいかも? でも、ま、100グラムにしておきましょう。

 まだまだ美味しそうならっきょうレシピがあるよ〜。
次は「☆簡単、めちゃウマ!島らっきょう醤油☆」。

島らっきょう醤油 アーチャリー 麻原彰晃
【☆簡単、めちゃウマ!島らっきょう醤油☆】http://cookpad.com/recipe/813644

 これは長くらっきょうとつきあえそうです。これで100グラム。お肉にかけても、お豆腐にかけても美味しそう。万能ソースだね。これで合計950グラムを使いましたー。
 とりあえず、今回は50グラムを残して終了〜。


 下は、わたしが作ったらっきょうご飯の写真です。今日の食事は、らっきょうご飯とお味噌汁と卵豆腐、そしてらっきょうのフリットです。
 らっきょうご飯はお醤油がポイントですね。やはり紫蘇とちくわが良い仕事してくれています。豆腐ちくわは普通のちくわよりさっぱりしていて、いいですね。気に入りました(*^O^*)。

夕食 アーチャリー 麻原彰晃

フリッター アーチャリー 麻原彰晃

 えっと、は い。いっぱい食べたいと思い、三倍量で作ったら、案の定、この写真の三倍できてしまいました。らっきょうが小さかったので、マッシュルームと魚介をプラス しました。揚げ物をし過ぎて、食欲がないなぁと思ったのですが、食べ過ぎちゃった(;´Д`)。量を増やす必要はなかったと反省。

 どれもこれも美味しかったです〜\(^O^)/。

 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:日記, 07:10
comments(7), -, -

安心安全の自家製プリン(日記)



 前回は198円を払い、6時間を失うという結果に終わった。

 わたしの中で、何とも言えない不満が残ったため、自分で作ってリベンジすることに。

 アナフィラキシーショックプリンの材料はブラマンジェの上にカスタードをのせているものと判断し、

 このレシピ→*卵・牛乳・砂糖の3つだけ!絶品プリン*(http://cookpad.com/recipe/3033994


絶品プリン アーチャリー 麻原彰晃

と、
このレシピ→お家にあるもので・・・ブラマンジェ風?!(http://cookpad.com/recipe/257288


プラマンジェ風 アーチャリー 麻原彰晃

を拝借。

 プリンを先に蒸し、上からブラマンジェを流し込むという作戦。
 ちょうど、友人と会う約束があるから、差し入れ用にも作ろう。

 卵を最近食べ過ぎているため減らし、甘味は家にある砂糖をいろいろとミックス。とにかくアレンジしないと気がすまないらしい。料理しているときは、なぜか ぴーん!っというひらめきが激しくなる。

 アレンジし過ぎると、レシピ通りのプリンができないぞと自分に言い聞かせながら、作業を続ける。

 次は、ブラマンジェだ。ブラマンジェは作ったことあったっけ? 小さいころ、お世話をしてくれたお姉さんが作ってくれた思い出はある。しかし、自分では作った記憶がない。

 他のレシピと見比べているとどうもこのレシピはコンスターチの量が多い。ということで、コンスターチは少なめにしよう。バニラエッセンスは探したけど見つからないから、リキュールを入れてしまおう。

 ……案の定なのか、固まらない。温度を測ってみると70度。
コーンスターチはもっと高温でないと固まらないのかと思い、焦がさないように温めたが変わらず。ということで、コーンスターチを足すことにした。足すためには液体が必要だ。普通に牛乳に溶いていれたらいいわけだが、アーモンドミルクが冷蔵庫に余っていたのでそれで溶くことにした。入れて加熱するが、あまり変化なし。

 なんやかんややっていると、プリンが蒸し上がった。

 ま、いっか。プリンも蒸し上がったし、とりあえずプリンの上に流し込んじゃえ!!
 あら熱をとり冷蔵へ。へらについたものを見ると固まっている。温度が下がった方がコーンスターチは固まるのかもしれない。

 そして、できあがり〜♪


ぷりん アーチャリー 麻原彰晃

 綺麗でしょ? 美味しそうだよね?

 断面もご覧ください。 プリンとブラマンジェの断層が分かりますか?


プリン アーチャリー 麻原彰晃

 これは友人たちも驚くぞ。麗華がまともな物を差し入れにもってきたと(ノ´∀`)ノ。わくわく☆彡

 保冷バックを持っていると川田さんが「持つよ」と言ってくれた。感謝。

 「今日は差し入れ持って来たよ〜〜〜!!」とわたしは張り切って言い、取り出してみると――ぐちゃぐちゃであった。

 「柔らかく作りすぎたかなぁ」とわたし。
 「あ、倒したかも」と平然としている川田さん。

 教訓 プリンは差入れには不向き。……なのか?


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:日記, 08:03
comments(23), -, -

うまく作れない焼きおにぎり(日記)



 『赤いスイトピー』を受けて、松任谷由実さんの『守ってあげたい』をプレゼントするよというコメントをいただきました。ありがとうございます。わたしも『守ってあげたい』は好きな曲です\(^O^)/。

♪You dont have to worry.worry
守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから♪


芝生 アーチャリー 麻原彰晃

 また、日本人女性の平均結婚年齢は29.2歳だから、これから結婚したらいいのでは? というコメントもいただきました。

 いまは、残念ながら結婚する気配がありません。でも、先のことはわからない。
 結婚したら、自分が一番驚きます〜。


 結婚よりも、今日は焼きおにぎりの日記をアップします。


 先日、友人たちと遊びに行くとき、差し入れにおにぎりを作ろうと思ったが玄米しかないという重大な問題に気がついた。その中の一人、kちゃんは玄米が苦手で手をつけてくれない。kちゃんも焼きおにぎりだったら大丈夫かもしれないと焼きおにぎりを作ることにした。

 実は、年末頃から我が家には玄米しか存在していない。『止まった時計』の原稿を書くのに忙しかったため、そのことに疑問を持つ余裕はなかった。4月になり白米が食べたいと川田さんに相談したところ、「精米すると量が減ってもったいない」と言われあきらめた。慣れるまでは玄米は食べにくかったが、慣れてみると風味があり美味しいとも思う。身体には玄米の方がいいという説もあるが、玄米のデトックスパワーが強すぎてビタミン不足にもなるという説もある。どちらかわからないため、ビタミンは気をつけて補給している。

 焼きおにぎりはうまく作れた試しがない。だから、ここ数年作ったことがない。
 どういうタレにしたら美味しいだろうかとクックパットを検索。家にあるもので簡単にできそうなレシピが見つかった。


【簡単で絶品♪味噌焼きおにぎり】
http://cookpad.com/recipe/1374488
味噌焼きおにぎり アーチャリー 麻原彰晃


 よし、これを目指してやってみよう。
 しかし、玄米だけではタンパク質がない。鰹節を混ぜ込んでみることにした。
 お醤油入れた方がいいかな? お塩を少々かな? あ、そういえば、ウインナーもあったなとウインナーも具に入れることに。

 そして、出来上がったものがこんな感じ。丸くしたのは大きなウインナーを綺麗にいれるため。
うわー。上の写真とは似ても似つかない……。



焼きおにぎり アーチャリー 麻原彰晃


 どうして、わたしの料理はこうも美しくないのだ。でも、美味しかったらいいよね〜。
 そんな言い訳をしていたのに、頼みの綱のお味の方も、複雑に味が絡み合い、いまひとつ! 複雑過ぎるのだ。

それでも、友人は美味しいと全部食べてくれた。

thank you!

自分としてはもやもや〜。う〜ん。

 ここはリベンジするしかないだろ! ということで、再度挑戦してみた。今度は具材は入れず、鰹節を混ぜ込んだだけ。つける味噌は計量もせず適当に、焼くのもフライパンではなくオーブンで焼いた。オーブンなら、油も使わないし、よりヘルシーかな?



焼きおにぎり アーチャリー 麻原彰晃


 形は問題ない。しか〜し! こ、こ、焦げている……。それに、もはや元のレシピ関係なく作っただろ! と自己突っ込みはあったが、まあまあ美味しくできた。リベンジになったかどうかは疑問だが、自分の中で納得はした。

次回は、もう少し焼く時間を短くしよう。

p.s.たまには白米が食べたい……。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:日記, 07:20
comments(11), -, -

父・麻原彰晃(松本智津夫)と別れてから20年



 「成長した現在の麗華さんを、麻原元代表が見たらどう思うのだろうか? 嬉しくないわけはないね。」

 こんなコメントをいただき、胸が熱くなりました。父と一緒にいたころは子どもだったから、ちゃんと話せませんでした。言いたいこと、疑問に思ったこと、うまく言葉にできなかった。いまだったら、ちゃんと話せるのに。

 先日、「もし、お父さんが逮捕されなかったら、どうしたかった? お父さんとなにをしたかった?」ふいにそんなことを聞かれ、目の前がぼやけてしまいました。

――考えたこともありませんでした。父と一緒の現在。60歳の父と大人になったわたし。どうしたかっただろう。二人とも強情なところがあるから、喧嘩してばかりだったかな。「お父さんなんて、嫌い」と言っていたかもしれない。今はお父さんを好きだとしか言えないけど、ちょっとした喧嘩で嫌いだとも言える関係。それって幸せなことかも。

 もし、父がいたら、わたしは結婚していたかな。結婚式をしたいと言ったら、父は参加してくれただろうか。そんなあり得ないことが、とっさに頭の中に浮かんでいました。(実際は恥ずかしいので、結婚式はしたくないですよ!)



花嫁 父親 アーチャリー 麻原彰晃


 昨日、川辺を歩いたら花がたくさん咲いていました。ツツジはもうすぐ散ってしまうようです。次はあじさいの季節になり、あっという間に夏がくるのでしょう。時が過ぎていきます。
結婚式を連想したからか、松田聖子さんの『赤いスイトピー』が頭の中を流れていました。

春色の汽車に乗って、海に連れて行ってよ〜♪



花 アーチャリー 麻原彰晃


 父の逮捕からぴたりと止まった時計が、本を書き始めてから、ゆっくりと動き始めました。出版後は動く速度が速くなっているように感じています。いまはいろいろなことを経験させてもらっています。そのすべてが未来のわたしを創っていくのでしょうね。

 もしも父が帰ってきたとき、誇れる自分でいたい、何より自分に誇れる人間でありたい。そう願っていましたが、わたしはこれまでそのように生きてこられたでしょうか。

――こうすればよかった。ああすればよかった。そういう思いはあります。しかし、それは過ぎ去ったいまだからいえることに過ぎません。
後になって間違っていたと感じることであっても、そのときそのときを一生懸命に生きていたなら、その結果を受け入れられる気がします。
 「カルペ・ディエム」という言葉があります。ローマの詩人ホラティウスという人の言葉です。日本語では「今を生きろ」とか「今を掴め」とか訳されるようです。考えてみれば、つねに、全力を傾けられるのは「いま」だけなんですよね。そうやって生きられれば、過去は真剣に今と向き合った自分しかいなくなります。

考えれば不安になります。先が見えません。
でも、何とか、自分を大切にして、現実を、いま起きていることを感じて、向き合って生きたいです。



東京拘置所 アーチャリー 麻原彰晃


 父と別れてから20年ということで、今日も2013年11月から2014年3月までに書いたものをまとめてアップしました。読んでいただけると嬉しいです。

今までの経緯(まとめ)


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:日記, 20:29
comments(12), -, -