RSS | ATOM | 検索

ゴボウとプレゼント♪


ブログを覗くのが楽しみな時間になっているとのコメントをいただきました。
ありがとうございます。


数日前のことです。

きんぴらを作ろうと思ったら、お砂糖がありませんでした。

それでも作ってしまえと、ごま油大さじ一杯入れてゴボウをよく炒め、余っていたニラを投入。

お醤油を少なめに投入してできあがりです。お醤油は少なめの方が美味しいです。

以下は、お醤油を入れすぎてしまった失敗例です。

お砂糖もみりんもなくても、きんぴらは美味しくできました(^^)v。

Simple is best ですね。

隣にあるのは、リンゴのコンポートです。


料理 アーチャリー ブログ

ゴボウの豆知識?

ガン予防、動脈硬化予防、便秘、胃けいれん、せき止め、去痰、口内炎、虫刺され、湿疹、あせも

ゴボウにはこんなに効能がたくさんあるようです。いいですね〜。

以下、出典元。
http://www.seminolehobnob.com/archives/108



――なんと!!
こんな素敵な誕生日プレゼントをいただきました。


プレゼント アーチャリー ブログ


また、こんな変わったプレゼントもいただきました。マヨネーズですね。

麻の実の油を使ったものは稀少とのこと、ありがたくいただきます。

お味の方はマスタードが効いていて、ピリ辛でした。

他にはハウスのハッシュドビーフの素、食パン、ポテトチップス、クッキーもいただきました!

なぜに、食べ物ばかり???


マヨネーズ アーチャリー ブログ



最後に、はまり中の筋トレについて。



最近はこの方の筋トレにはまっています。一回やるだけで、汗が出ます。ハード版があるようなので、目指せ! ハード版です。



 
投稿者:三女, カテゴリ:その他, 20:09
comments(11), -, -

日弁連に関して

コメント下さった皆さん、そして見守って下さっている皆さん、本当に感謝いたします。

実は日弁連の通知をアップしても、「アーチャリーが相手なら当然だよ」という声が多いのではないかと思っていたのですが、皆さんから「それではどこに救済を申し立てたらいいのか?」というご意見を多くいただき、ほっといたしました。

日弁連からの「返事」はたったの二行半でした。わたしという人間に三行半(みくだりはん)を突きつけられたように感じられました。

わたしという人間は人権救済では取り扱えないのだと受け取ったのです。

あの通知文だけではわからないことばかりなので、日弁連にくわしく問い合わせをしてみようと考えています。


 
投稿者:三女, カテゴリ:その他, 15:21
comments(22), -, -

日弁連からの通知

ブログへのコメント、いつもありがとうございます。

すべて読ませていただいています。

わたしの日常については、後日書こうと思っています。

表現できると今までより楽ですね。

昨日も筋トレしたり、ストレッチしたりとリフレッシュしました。

ご心配いただいていますが、大丈夫です。

2014年12月23日にブログへ投稿したように、わたしが公安調査庁から「実質的な幹部」であると「認定」されたことについて、日本弁護士連合会から公安調査庁に対し認定を取り消すよう警告してもらおうと、人権救済の申立をしました。

これに対し、2015年4月9日付けで、わたしに日本弁護士連合会から次のような紙が送られてきました。


日弁連 アーチャリー ブログ

皆さんはこの紙を見て何をお感じになりますか。


 
投稿者:三女, カテゴリ:その他, 07:04
comments(29), -, -

わたしは人間が日本が好きです。だから、苦しいです

久しぶりのブログ更新になります。

フェイスブックやツイッターでの温かいコメントややりとりで、元気をいただいています。

4月10日の朝から喉に違和感をおぼえ、風邪で体調を崩していました。何となく気持ちばかり焦っている状態から、気が抜けたのが原因かもしれません。

『ニコ生』などに出させていただいていた頃は、〈なにがなんでも体調を崩さないぞ〉と万全の態勢で挑んでいました。

こうやって書いてみると、自然に「挑んでいた」と書く自分に納得があります。

実名を出し、顔を出すのは怖かった。不安だった。しかし、人生をあきらめたくなかった。

『三女アーチャリー』を上書きできない限り、わたしは自由になることがありません。

そのためわたしはブログでもツイッターでもフェイスブックでもアーチャリーの名前を入れています。

今日はだいぶん体調がいいです。

今日の夕食は、レタス、ゴボウ、青梗菜、タマネギ、ネギ、にんじん、しょうがを入れた中華風卵スープ。
とろみは長いもでつけたものをいただきました。

ゴボウがどういう風になっているか不安でしたが、しっかりごま油で炒めたのが効を奏したのか香ばしさと甘みも出ており美味しかったです。
ゴボウチップス入りスープという感じでしょうか。
それに納豆をいただきました。

統一感がないメニューですが、そろそろ冷蔵庫を整理しないといけない状況だったので、メニューは冷蔵庫と相談して決めました。仕方がありません。


昨夜ツイッターやフェイスブックでは、

○○○のお偉い方々にお聞きしたい。
わたしは人間ですか。わたしには人権はありませんか。わたしが生きていることは、悪ですか。

とつぶやきました。

『松本麗華』は人間として取り扱えない、そう受け取れることがあったからです。

わたしは人間が日本が好きです。だから、苦しいです。

こういう国なんだ。こういう人たちなのだ。

そうやってあきらめることができません。

詳細はまた書きます。


葉桜 アーチャリー 松本麗華
投稿者:三女, カテゴリ:その他, 23:33
comments(16), -, -

塀の上を走れ(2)

戦中、戦後の食べ物の記述は、田原さんを身近に感じます。

当時の食べ物の様子がわかると、リアリティを持って感じられるのだと思いました。

わたしはおかゆやリゾットが好きですが、成長期におかゆばかりだとひもじいですね。

田原さんによると
「世の中は不条理で、矛盾しているものだというサルトルらの主張に深く共感した。選んだわけでもない不条理な世界に投げ込まれた自分が、今度は自らを投げ出して関わるというのが実存的な生き方で、フランス語でアンガージュマンと言う」そうです。

哲学書は取っつきが悪いですが、このように書かれているとなるほどと思います。

最初はこの世界に単に投げ込まれただけであり、主体的に関わることができません。

それが、徐々に徐々に主体的に関わっていくようになったという感覚がわたしにはあります。

田原さんが数行で書いていることなので「実存的な生き方」がこういう理解であっているかどうかわかりません。

不条理を自覚しながら、どのように生きるかを決めるのが課題なのかもしれません。

また、テレビ局でドキュメンタリーを本気で作成されていた田原さんの気迫を感じ、マスコミの方も本気だとわかりました。
これからは、より注意します。

現在、260ページです。そろそろわたしが生まれるころに入ります。


フェイスブックやツイッターはやらないから、ブログの方も更新してほしいとご要望をいただきました。

ブログの方も従来通り更新させていただこうと思います。

新たにブログを立ち上げてコメントをオープンにしようかと考えていたのですが、代わりにフェイスブックにしました。

コメントはオープンにしませんので、ご安心ください。

以下は、フェイスブックに投稿した画像です。

姉からフェイスブックの開設祝いに、イラストをもらいました。

美化しすぎだよー。でもありがとう。



フェイスブック アーチャリー 麻原 三女
投稿者:三女, カテゴリ:読書, 02:01
comments(19), -, -