今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 15:15
comments(5), -, -

本年も大変お世話になりました。

 

 

本年も大変お世話になりました。

 

2017年もいよいよ終わりに近づき、2018年を迎えようとしています。

 

みなさまにとって、今年はどのような一年だったでしょうか。わたしは体調不良や裁判などで大変でした。また、一番残念だったのは今年も父との面会がかなわなかったことです。クリスマスに面会に行きましたが、クリスマスの奇跡は起きませんでした。

 

それでも、今年もまた様々な方々に支えていただいた年でもありました。本当にありがとうございます。

来年は父に会いたいです(見るだけでも)。

 

 

すでに公開しているものですが、わたしの気持ちをまとめた動画はまだ一つしかありません。今年の最後に、改めてここでこの動画を紹介させてください。

 

わたしの願い

youtubeでの視聴はこちら
元記事はこちら

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさま、良いお年をお迎えくださいね。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 23:57
comments(0), -, -

いよいよ公演が10日後に迫りました。(´д`)

 

 前回は大変失礼しました。
 公演のお知らせなのに、料金書き損ねるという大ぽかをしてしまいました。ごめんなさい_(._.)_。

 

 さてさて、なんとアーチャ語り 「親子 〜重たいドアをあけて道はでこぼこ〜」が10日後(12月13日)に迫っています。

 どきどき、緊張中です。この前、アーチャ語りのリハーサルがあったのですが、考えていたよりずっと、わたしの役多いんですね(当たり前だ! おいっ)。

 

 しかも、トークが多い(あ、当たり前だ! という突っ込みはなしでよろしく(^_^;))!

 こりゃ、どうなっちゃうんだろうと青ざめています。まだリハーサルはあるので、頑張ります!

 

 改めてお知らせです。

 

 

 

アーチャ語り 「親子 〜重たいドアをあけて道はでこぼこ〜」
日時:2017年12月13日(水)
14時〜 と 19時〜 の2回公演です。
会場:六本木ストライプスペース
料金:3,000円

 

 おかげさまで夜の回は満席となりました。
 午後の回には席の余裕があります。

 

 ご予約は、以下のメールアドレス宛にメールか、
 atyagatari@gmail.com

 

 以下のサイトで申し込みをお願いします。
 『アーチャ語り『親子〜重たいドアをあけて道はでこぼこ〜』』チケット予約フォーム

 

 平日なので難しいとは思いますが、昼の回でお会いできると嬉しいです。お昼でも大丈夫だよという方、どしどし、ご予約ください。

 

 

 それでは、六本木ストライプスペースでお会いできるのを楽しみにしております(´▽`;)!

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 13:37
comments(14), -, -

「巨大肉まん」がどれだけ巨大か?

 

 

肉まん祭りでした〜♪

 

ここ数日、毎日夕食は肉まんです(≧∇≦)。食べても食べてもなくならない&あきないよ〜。

 

三つ作った中の、これが最後の一つ。

 

 

大きさが分からないというご意見をいただいたので、顔の大きさと比較してみました。大きいでしょ\(^O^)/。

 

写真を撮ったあとにもみんなでいただいたので、残りは半分です。チーズをのせて焼いてみました。焼き豚まんも美味しい。

 

 

こんな感じ。

 

話はかわりますが、年末はスーパーなどで抽選会がよくありますね。スタンプを集めてわざわざ抽選のためだけにお店にいきました。そしたら、なんと、3等賞o(^▽^)o 1000円の商品券をゲットしました!

 

 

抽選会、侮りがたし。嬉しいですねー♪♪♪

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:料理, 23:07
comments(7), -, -

寒い日に「巨大肉まん」はいかがですか?


 11月某日、わたしが体調不良に苦しんでたとき、料理のレシピがGoogle先生におすすめ表示された。
 (「インスタ映え間違いなし!」と書いてあるのにこのページにはイラストしかない。イラストレシピの本の紹介だけどもったいない!)

 

 

 

 なぬ。炊飯器で作る「どでかまん」と名付けられた巨大肉まんのレシピですと? ホットケーキミックスで作るのか。

 

 ホットケーキミックスはお砂糖がたくさん使われているし、ちょっと苦いんだよな。うーん。美味しそうだから、作りたいけど、普通に小麦粉とベーキングパウダーで作るレシピはないかな。そっちの方がコストもお得だしね。ということで、レシピを調べて発見!

 

 レシピは見つかったものの、気力と体力がなくて制作できず。

 

 しかーし、昨日から少し気力がわいてきました。創作的・芸術的なことをしたくなってきたのです。ということで、作るぞー!!

 

 いろいろ調べた結果、美味しそうなレシピは以下のとおり。
 

■ 材料 【6人分:5合炊き炊飯器を使用】 ■
■具
 豚ひき肉 300g
 玉ネギ 1/2個(100g)
 シイタケ 2個(30g)
 醤油 大さじ1と1/2
 オイスターソース 大さじ1
 ゴマ油 大さじ1
 砂糖 大さじ2
 酒 大さじ1/2
 鶏ガラスープの素 小さじ1
 おろしショウガ 小さじ1/2
 塩 少々
 コショウ 少々
 片栗粉 大さじ1と1/2
■生地
 強力粉 150g
 薄力粉 150g
 砂糖 大さじ4
 ベーキングパウダー 大さじ1(12g)
 塩 小さじ1/4
 水 150cc
■炊飯用
 熱湯 150cc

  (※わたしは、この3倍量でつくりました)

 

 まずは餡作りです。

 

 挽肉はときどきアレルギーが出るのでうちでは購入しません。ということで、挽肉から作成。ヒレ肉100グラム98円のブロックを二枚の包丁で叩いて挽肉(根気が足りず、こま肉ぐらいかな? (^_^;))を作ります。
 

 その他の具材はみじん切りに。手抜きをして、適当に大きめのみじん切りにします。具材はアレンジして大根と筍を加えました。しょうがもおろしではなくみじん切りでたっぷりと。お肉も増量。調味料も家にあるものもないものもあるので、適当に味噌なども少量入れてみました。
 

 

 

 刻んだヒレ肉と野菜をボールに入れて粘りがでるまで練って餡は完成のはず……。

 

 やっぱり写真でも挽肉にはなっていないし、粘りもでていない(^_^;)。ま、大丈夫でしょう。たぶん、ごま油がよい仕事をしてくれます。

 

 

 

 次は皮です。まんじゅうは皮で味が決まるともいいますが、強力粉うちにないし〜。ま、大丈夫でしょう。

 

 

 

 でも、少し心配だから、ごま油を大さじ1ぐらい足しました。これで少ししっとりするはず(ごま油は強力粉の役割はしてくれないけどねー)。

 材料を混ぜ合わせ、水を3回ぐらいに分けて加えじゅうぶんに練る。
 十分柔らかくなめらかになったら皮も完成。あらら。少し水を加え過ぎてしまったみたい。

 

 三等分して、それぞれに打ち粉を打って皮を伸ばします。なお、伸ばす作業はクッキングシートの上でやるとその後の作業も楽です。わたしはクッキングシートの上で、麺棒を使わず、手の平でぺたぺた広げただけです。

 

 伸ばした皮の上に、先ほどの餡を山盛り載せます。

 

 


 それを皮で包み上げて、まんじゅうの形はできました。

 

 

 

 あとは「蒸し」。
 炊飯器にクッキングシートごとまんじゅうを入れて、クッキングシートの外側に150ccほどのお湯を入れる。
 「急速」で炊飯器のスイッチをポン。
 炊きあがったタイミングで、もう一度今度は通常の炊飯でポン。
 炊きあがったら保温モードで蒸らす。

 

 

 

 完成!!!!!

 

 さすが、いんすたばえするレシピだわ〜。美しい。って、やっぱりだめなのね。わたしが作るとどうも映えないわ。

 

 


 でも、味は美味しいはず。では、早速……

 

 

 

 うまっ!!!!

 

 ヒレでは脂身が少なくうま味に欠けるかなとも思いましたが、その心配は杞憂でした\(^O^)/
 ベーキングパウダーで膨らませた皮も美味。
 油っぽくなくて、筍の風味がたっぷり。宇未もうまうま。美味しいねと食べてくれました。

 

 しかーし、わたしがいないときに食べた同居人は「皮がね、固くて残念だった。やっぱり皮は難しいんだね」とのこと。
 

 わたし「ものぐさして、温めないで食べたんでしょ。そういう感想がくると思ったよ〜」
 同居人「あれ? ばれた? 出ていたのそのまま食べろってことだと思った」

 

 ということで、温めたのを食べてもらったら、「皮も美味しかったんだね。これはすごいね」とのこと。冷たかったら皮美味しくないよ。コンビニでもいつも一生懸命ほかほかを売っているでしょ〜。まったくもお〜(´д`)。

 

 肉まんって栄養食ですね。タンパク質も炭水化物も野菜も取れる。後は、小松菜とかブロッコリーがあれば一食の食事としていい感じじゃないかしらo(^▽^)o。

 

 寒い日に、みなさんもあつあつをお一つどうぞ〜。

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:料理, 12:19
comments(5), -, -