クラウドファンディングへのご協力と拡散のお願い 〜殺害予告の脅迫犯として告訴された弟が A弁護士に対して起こした裁判について〜

クラウドファンディングへのご協力と拡散のお願い 〜殺害予告の脅迫犯として告訴された弟が A弁護士に対して起こした裁判について〜

 2018年7月、弟は根拠もなく、ツイッター上でA弁護士に殺害予告をした脅迫犯とされ、A弁護士に告訴されました。
 
 告訴をしたことは、A弁護士の開いた記者会見で公表されました。
 
 A弁護士は、
「破壊的カルト集団であり、かつ宗教団体であるオウムとして、麻原家として、どのような事に出てくるか不安だから、いうことから国はテロリスト、テロリズムに対する解決の一環として、助けてください」(2018年7月11日A弁護士記者会見より)
 と、事件当時2歳で犯罪にかかわったこともない弟を、殺害予告の脅迫犯としてだけではなく、テロリストやカルト集団にまで結びつけ国の警備を要請しました。
 
 
 そうして弟は、父親を亡くし一週間も経たずして、カルトやテロリズムにまで結びつけられ、脅迫犯とされました。マスコミにも報道され、インターネット上には弟に対して社会的制裁を加えようとする動きも起こり、心ないコメントがあふれたのです。
 
 
 
 
 わたしは、弟が逮捕されるのではないか。犯罪者とされて、人生を壊されるのではないかと、生きた心地がしませんでした。家族の死を悼む間も与えられず、なぜ何もしていない弟がこんな目に遭わされるのかと、たまらなく感じました。
 
 当事者である弟が負った傷はより深く、弟が生きるためにA弁護士が行ったことに対し裁判を起こしたと、松井先生から聞きました。
 
 ――この裁判の費用に関して、この度、鈴木邦男先生が代表理事を務められている 一般社団法人共にいきるで、クラウドファンディングを行って下さることになりました。松井先生から代理人は今後増員する予定であることを聞いています。
 
 一般社団法人共にいきるは、誰もが生きやすい多様性ある社会の実現を目的に設立され、様々な理由で人が本来有している基本的人権を侵害され、社会で生きづらい思いをしている人たちの支援をする社団法人です(http://tomo-ni-ikiru.com/)。
 
 通常ですと、クラウドファンディングは、クラウドファンディングを専門に行っている会社に申し込み、そのホームページに掲載されるものです。しかし大手や裁判専門のクラウドファンディングの会社も弟の件は掲載してくださらず、結局、社団法人で自前のクラウドファンディングを立ち上げて下さることとなりました。
 
 事件の概略は、一般社団法人共にいきるのクラウドファンディングのページに書かれていますので、こちらをご覧いただければと思います。
http://tomo-ni-ikiru.com/Works/archives/6
 直接応募フォームはこちら
http://tomo-ni-ikiru.com/sienform/
 
 
 皆さまのご理解とご支援をいただけると幸いです。クラウドファンディングの会社を通すことができず一般社団法人のページで立ち上げたため、多くの方にお知らせするのが難しい状況です。拡散にご協力いただけたら助かります。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です