お知らせ

お知らせ

 2013年7月12日からはじめたこのブログ、「お父さん分かりますか」は、閉鎖いたします。

 今までご訪問くださった方々、応援してくださった方々に御礼を申し上げます。

 このブログは閉鎖しますが、保存して閲覧可能な状態で残させていただこうと考えています。

 父の喪失で心に空いた穴は、じわじわとわたしの心身をむしばみ、未来を考えることどころか、今を生きる気力さえ奪っていきました。

 時が経てば癒えてゆくと思っていた傷は、塞がることなく、今もわたしとともにあります。

 わたしは弟さんを支え続ける袴田秀子さんのように、何年でも、何十年でも、父を支え、いつか治療を受けさせてあげたいと願っていました。しかし、それも叶わない夢となりました。もう父が治療を受ける日は来ません。父の口は閉ざされ、いつかわたしを娘と見分けて、名前を呼んでくれる日がくるかもしれないという夢も、ついえました。

 タイトルを見るだけでつらい気持ちになってしまう、このブログ。父が亡くなったあと、閉じようと思いながらも、無気力にうずくまり、手をつけることもできませんでした。

 このブログを閉じたら、父が死んだという実感がわいてしまいそうで、それも怖かったのかもしれません。

 父が逝ってから、もうすぐ3年になります。

 生きる目的を見失ったわたしは、今を生きることも、未来を見ることもできず、それでもなぜ自分が呼吸をし、生きているのかがわかりませんでした。

 この3年の間にも、様々な出来事がありました。

 今思い返せば、わたしは生きるために必死になってあがいていたようです。

 様々に思い悩みましたが、わたしは今、もう一度立ち上がり、自分自身の人生を歩いていこうと考えるに至りました。

 このブログは閉じますが、新しいブログを立ち上げます。

 新ブログ名は、「自由をもとめて」です。

 皆さまのあたたかいお言葉やお支えなくては、この日を迎えることはできませんでした。心から感謝いたします。

 皆さま、今までありがとうございました。

 新しいブログ、「自由をもとめて」も応援していただけると嬉しいです。ご訪問をお待ちしております。今後ともよろしくお願いいたします!

2021年4月30日
松本 麗華

お知らせ」への3件のフィードバック

  1. 新ブログの立ち上げおめでとうございます。
    麗華さんの言葉に説得力を感じるのは、痛みの中で生き続ける人の哀しさと怒り、他人への優しさ、そういったものに目を背けないで飾ることなく、まっすぐだからだと私は思ってます。
    麗華さんには、容姿を含めて何の飾りもいらないです。全てが美しくて、ものすごい才能で輝いています。
    「飛んでいる時だけは自由を感じることが出来る」と言われた麗華さんを応援したいです。どうか高く飛んでください。

  2. このブログを閉じることを躊躇されてお気持ち、お察しします。
    当方も父母の残した品々を処分することができません。

  3. そうですか、こちらに。
    1記事だけコメ欄開けるというやり方は当方とおなじです。
    なくなってはしまいましたが、こちらには随分と書かせて頂きました。

    最後に1つ、再びお邪魔させて頂ければと思います。
    先に分かってれば新BLOGにコメントすることもなかったのに。
    あれは場違いですから、お気づきになれば、消して頂けると幸いです。

    結局、子供の頃見たアーチャリーは別人だった…
    こういう事だったんでしょう。
    少なからずご迷惑をお掛けし、また私も傷つきました。
    けど、全ては現実、これは動かしようもありません。

    もう新BLOGは、見ることも御座いませんでしょう。
    ですので、ご活躍を、で結ぶ事もいたしません。

    これにてお暇しとう存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です