今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

感染力高し!“差別され菌”!! 2

 

 弁護士の松井武先生は、わたしの恩人である。2000年、わたしは被虐待状態にあった弟を見るに見かねて助けようとしたことから、逮捕された。先生は足しげく面会に来てくださり、しかもわたしの身元引受人にもなってくださった。このとき、わたしはありがたいと思うと同時に、怖くてたまらなかった。
 わたしを人間扱いしたら、先生どうなっちゃうの? 父の主任弁護人だった安田好弘先生は、罪をでっち上げられて逮捕されたんじゃなかったっけ。身元引受人までしていただいたら、松井先生は――!

 

 あれからもう17年。松井先生とは今もお付き合いいただいている。幸い、松井先生は逮捕はされなかった。しかし、多くは語られないが、わたしや父の裁判に関わったということで、仕事を失うなど苦労されているようだ。松井先生だけではない、わたしや父の裁判に関わった弁護士さんは、依頼を受けた後でも、後からインターネットなどでわたしたちの裁判に関係したとわかると、「やっぱりお断りします」と一方的に依頼を断られてしまうという。

 

 もう15年以上前だが、弟たちが小学校や中学校の就学を拒否されたとき、いろいろ助けてくださった方がいる。人権団体の知り合いがいっぱいて、一緒に助けようと声かけてくださったのだけど、縁を切られてしまったという。

 

 2000年にアレフが創設されたとき、オウム真理教は消滅した。実はアレフはオウム真理教とは別団体で、入会するためには新たに会員届けを出す必要があった。このとき、アレフに入会せず、教団を離れ、社会で生きていく道を選んだ人たちもいた(もちろん、わたしも入らなかった。組織にうんざりしていたし、学校に行きたい、日本で生きてみたいって思っていたから)。
 

 ところが、教団と連絡も取らず自活していても、わたしと関わりがあると「隠れ信者」や「偽装脱会者」にされてしまう。偽装「脱会」するためには、一度は入会しないといけないはずだが、そんなことは関係なかった。

 

 

 教団から離れたら、過去の人間関係をすべて切り、当然、麻原の娘とも縁を切るというのが「常識」らしい。個人的な人間関係は一切存在しないと思われているのだろか。

 

 わたしにも、幼なじみもいるし、友人もいる。教団を離れた後に、親代わりになってわたしの面倒をみてくれた人もいる。そういう人は教団と関係ないのに、わたしと関われば「偽装脱会者」などと扱われてしまう。わたしの「差別され菌」が移ってしまう。

 

 ことはそれだけではすまない。相手が、「元信者」だと、今度は相手の「差別され菌」にわたしも感染してしまうのだ。例えばわたしに「元信者」の友人がいると、わたしは「偽装脱会者」や「隠れ信者」と関係があり、教団と関係しているということにされてしまう。その友人は、わたしと関係しているので「偽装脱会者」となり、教団の一員ということになる。

 

 頭がこんがらがる。これって、理屈として成り立っているのだろうか。元信者とわたし。二人だけの関係なのに、教団との関係になってしまうのだ。もうよく分からない。

 

 この周りの人が感染していくという現実は、とても辛い。自分の存在が、周りに迷惑をかけているように見え、「生きていてごめんなさい……」と思う。わたしが生きるために、助けてくれたがために、ごめんなさい。わたしが生きることをあきらめていたら、ご迷惑をおかけしなかったのに。そんなことを思ってしまう。

 

 宇未がこの前、「わたしは、自分のことを病原菌やカビ菌と同じだと思っている。わたしたちに関わってくれる人がいると、怖くなる。差別が感染するから」と言っているのを聞いて、あー、やはり同じように感じているんだと思った。

 

 

 このような経験ばかりだったから、2015年3月に『止まった時計』を発表した以降も、誰かと一緒にお食事して、記念に写真を撮ってもらっても、考えこんでしまってブログやTwitterにアップできないことが多かった。ご迷惑をおかけするんじゃないかと、頭によぎってしまうから。

 

 同様に、人から「ツイート」したよといわれても、「いいね!」をクリックしたり、リツイートしたりすることを躊躇してしまう。わたしがそれらに反応したことが分かれば、「差別され菌」に感染させないかと心配になるからだ。

 

 Twitterなどで拡散されているようだが、先日、AbemaPrimeの収録でご一緒させていただいた、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、ジャーナリストの堀潤さん、博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平さんらとモーニングをしたときのツイートもそうだった。

 

 村本さん、堀さん、原田さん、そして同席していた女優で声優の春名風花ちゃん(以降は、愛称のはるかぜちゃんとします)が写真付きでツイートしてくれた。

 

 わたしは、村本さんたちがわたしとの関係を隠さずに堂々とツイートしてくれたと知り「本当に友達なんだね」と嬉しくて涙が出そうだった。しかし、同時に「差別され菌」が心配だった。

 

 しばらくして、はるかぜちゃんのTwitterが荒れてきた。

 

 心ない言葉がはるかぜちゃんに次々と投げかけられていた(わたしに対しては言わずもがなだが)。彼女のツイートには、仕事の降板までも仕事関係者に要求されたという内容も飛び出した。わたしの存在がまた迷惑をかけてしまった。

 

 しかし、そのようなわたしの気持ちをよそに、ネットニュースにも取り上げられ、徐々に話が大きくなっているようだ。

 

 はるかぜちゃんはたった一度、1時間半ほどの時間、食事を一緒にしただけなのに、一人の人間としてわたしを尊重してくれている。そのことが彼女のバッシングの原因になってしまっている。わたしははるかぜちゃんを声優さんというぐらいしか知らなかったし、はるかぜちゃんもわたしのことは詳しく知らなかったと思う。

 

 わたしを応援するイコール、教団を応援する、あるいは事件を肯定するという訳では決してない。わたし自身、事件も教団も否定している。

 

――お願いです。
 わたしと関わったというだけで、相手の方を批難するのはやめてください。どうか、心ない嫌がらせをしないでください。

 

 わたしを理由に、差別や排斥を広めないでください。
 わたしの「差別され菌」が感染力を失うことを、心から願っています。

 

 最後になりましたが、わたしを生かしてくださっている方々に感謝いたします。本当に、本当に、本当にありがとうございます!!!

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 01:06
comments(5), -, -

感染力高し!“差別され菌”!! 1


 わたしが12歳の時に、植え付けられた菌がある。その菌は、わたしの人生を大きく変えた。それこそ、根底から。

 未だに治癒の見通しはない。その菌を、仮に“差別され菌”と名づける。

 

「安達祐実がかわいいから殺して」「オウム王国のアーチャリー“いじめ地獄”を告発!」「あのアーチャリーが号令した造反信者14人『拉致・監禁』事件!」「“義務教育拒否”の教祖の娘アーチャリー御殿は千坪、四億円」「疑った女性も変死 オウム『アーチャリー』と謎の水死事件」「被害者補償を忘れた麻原三女『アーチャリー』のカナダ大名旅行」

 

 

 これは、12歳のころから、わたしに関して報道された記事のタイトルの一部だ。普通はあることないこと報道されるのかもしれないけど、わたしの場合は、ないことないこと報道されることが多かった。こんな報道されている人、わたしでも怖い。

 

 怖い人が側にいたら嫌だよね? 同じ学校通いたくないよね? 子どもたちへの影響が心配だよね? え、アーチャリーがまだ12歳だって? 年齢なんて関係ない。差別じゃないよ。だって怖いでしょ? あなた、下手したら殺されるわよ?

 

 こうして、わたしに植え付けられたのが“差別され菌”である。この菌に冒された者は、必ず差別される――。

 

 この菌と闘おうとしたこともある。オウム真理教時代、わたしはあまりにひどい報道に対し、裁判を起こせないかと、荒木浩氏にすがりつく思いで相談をした。荒木氏は当時広報副部長で、マスコミ対応などの責任者だった。でも、荒木氏はわたしが未成年であることを理由に、裁判は起こせないと言った……。

 

 民法によると、未成年者が裁判を起こすなどの法律行為をする場合、法定代理人の同意が必要だそうだ。この法定代理人とは、要するに親のこと。親がいない場合は、裁判所が決めた後見人を指す。
 なーんだ。母が同意すれば裁判起こせたんじゃないか、と知ったときはショックだった。母とは連絡は取れていたから。

 

 保護者がいなくて、知識がない子供は、自分の身を守ることもできない。そうしている間にも、“差別され菌”はわたしを侵し続けていった。

 

 報道がどれだけいい加減だったか、一例を挙げよう。

 

 確か三女アーチャリー激やせ! みたいな週刊誌の記事が出た。警察が、「アーチャリー」を怒鳴りつけてやった、と書かれている謎の記事。実は当時、激やせしていたのは姉の宇未で、残念ながらわたしではなかった。「あー。それ、わたしだよ。無法な警察の言うことを聞かなかったら、怒鳴りつけてきたんだよ」と宇未。
実は宇未、母と間違われて報道されたこともあった。マスコミは、六児の母と十四歳の少女の見分けもつかずに報道していたことになる。当時の報道は本当にひどかった。

 

 『止まった時計』にも書いたが、わたしが泣き寝入りをしている間に、マスコミは「三女アーチャリー」という別のキャラクターを完璧に作り上げてしまった。
 最初は「おちゃめ」程度だったのが、段々と、わがまま、凶暴、凶悪とまるで犯罪者のようにキャラに肉付けがされていく。ストーリーを考えるのは、それほど難しくない。既にキャラは立っている。

 

 マスコミがマスコミに影響を与え、その影響を受けたマスコミがストーリーを発展させ、それを読んだマスコミが別の媒体で報道する。その報道にまたマスコミが影響を受け――。
 「三女アーチャリー」は、モンスターになった。

 


 一人歩きをはじめた「三女アーチャリー」は止まらない!

 

 日本広しといえど「アーチャリー」と名づけられたのはわたしだけ(多分)。だから、「三女アーチャリー」さんがやったことは、全部わたしがやったことになってしまう。

 

 歩いているだけで通報されるのは、「三女アーチャリー」ではなく、わたし。今から考えれば、「モンスターが町を歩いている!」と危機感を持たれてしまうぐらいの報道がされていたのだろう。
 義務教育の就学拒否、大学入学試験の合格後の入学拒否、入居の拒否、アルバイトをクビになることも何度もあった。

 

 生きてちゃいけないって言われても、わたしは生きているんだよ〜! 学校行きたいよ。大学行きたいよ。アルバイトしたいよ。働きたいよ〜!!

 

 教団にいた頃も、日本社会から拒否されていることは理解していたし、生きていけなくなるかもしれないとは思った。
 精神的な意味だけではなく、衣食住がなくなるかもしれないという話はよくあった。でも、教団を離れた後に直面した現実に比べれば、大したことはなかった。
 だって、教団にいる間は、わたしが教団の人とお話ししても、お食事しても、教団の人はそれが理由で差別はされないでしょう?

 

 教団を離れたあと、わたしは“差別され菌”の威力を思い知ることになる。何と、この菌はわたしを人間扱いしたり、善意を持ってくれた人に、感染するのである。

 

 それまで、わたしはこの菌の感染力をよく知らなかった。
 悪意なくわたしに関わってくる教団外部の人が、いなかったからだろうか。

 

 何言っているんだ。“差別され菌”? 物語としては面白いけど、差別なんてうつらない。“差別され菌”なんて存在しない!

 

 おそらく多くの方はそう考えるだろう。

 

 しかし、残念ながら、今の日本ではうつるのだ。本当に。

 

 (深刻に書くのもなんだかなと思って、自分の過去なのでギャグ調にしました。笑い飛ばさせてください。ご不快に思われた方は、ごめんなさい。2に続きますー。)

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 02:19
comments(2), -, -

謹賀新年(遅いって!)

 

 

 明けましておめでとうございます。

 

 (既に10日ですが、15日までは松の内とする地方もあるとのことで、このご挨拶とさせてください〜_(._.)_)

 

 

 2017年になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。わたしは寝正月になるのが怖かったので、運動をたくさんしていました。細くなりたかったのに、がっしりと筋肉つきましたよ〜。

 

 ……昨年は高タンパク質+運動ダイエットに失敗しました。過ぎたるは及ばざるがごとしと、反省中です。

 

 いま、やっているのはなんと炭水化物(を食べる)ダイエット。といっても全体のカロリーの50%を炭水化物で取るというだけなので、普通の食事にしただけなんですけどね。炭水化物を食べ過ぎないように気をつけていたわたしにとっては、「こんなに食べたら太っちゃうんじゃないか」と少し怖い思いをしながらお米をいただいています。ちまたでは、ローカーボダイエットが流行っているし、わたしもそれを信じていたので、お米は太るんじゃないかとついつい思ってしまうのです。これも慣れなんでしょうね。炭水化物を取るようになってから、体調がよくなって、体重も落ちてきたんですよ。ということで、今日は体調がいいです♪

 

 さてさて、ダイエットの話はおいておいて、まずは、年末に実験した結果発表〜o(^▽^)o。

 

 オーブンで焼いた厚焼きたまごは、なんだか想像したものとだいぶ違ったものができあがりました。

 食べてみるとまるでかまぼこのような食感。
 フライパンで作った厚焼きたまごとは全くの別物です。
 これはこれでおいしかったのですが、なにぶん想像と全く違うので、厚焼きたまごをいただいている気分にはなれませんでした。かまぼこをたくさんいただいた気分に。よって、まだ本物のかまぼこは冷蔵庫にあるという……笑。

 

 続いて、伊達巻きです。巻き簀をはずすと、きれいに整っていてひとまず形は大成功。すごいね〜。3百円ぐらいでこんなの作れてしまうんだね〜。

 

お皿の左が厚焼きたまご? 右が伊達巻き

 

 お味はというと、糖分を控えたので、やさしい甘さで想像通りに美味しく仕上がりました。

 黒豆もいい感じに炊きあがりました。結構簡単なんですねぇ。

 

こんなおせち?もいただきました

 

 日本の文化にはまだまだ疎いですが、いろいろ調べてやってみるのは面白いですね〜。そういえば、姉の宇未さんがお正月マンガを書いているのでこちらも合わせてどうぞ。15日ごろに続きをアップするようなので、そのころに読んでいただいたら、面白いかもしれません。

 

 http://ameblo.jp/matsumoto-umi/

 

 新年早々、やらなければいけないことに追われていますが、今年も頑張っていこうと思っております。いえ、今年こそは頑張っていきます!!

 

 2017年が、みなさまにとって良い年でありますように。

 

 本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 01:19
comments(10), -, -

選挙に行こう!

 

 7月2日(土曜日)、7月にオープンしたばかりのLOFT9 Shibuyaで行われた、

「自由解放特区9(フリーガチトーク9) ニッポンの未来はどうなるよっ!? どうしても伝えておきたい参院選の行方(とあれやこれや!!)」

に参加してきました!

 

 出演されたのは、

 首都大学東京教授の宮台真司さん
 立教大学教授の香山リカさん
 弁護士の水上貴央さん
 弁護士の倉持麟太郎さん

 という、豪華キャストでした!
 

 

 憲法について面白い話を聞きました。

 

 水上貴央さんによると、立憲民主主義の視点で見れば、今の与党の憲法改正案は、憲法改正ではなく憲法破壊だというのです。

 

 そもそも現行の憲法の役割は、強大な圧倒的な力を持つ国家や権力から、国民の権利を守るところにあります。日本の戦前は、自分の持つ思想を自由に表現することも許されませんでした。国家にとって都合の悪い思想を持つ人は、「赤だ」「非国民だ」とレッテルを貼られ、人権を守られず、6歳の子どもまで拷問で殺されています。
 国家や権力が暴走しないように、国民一人一人の権利である「人権」を守るもの、それが現在の日本国憲法です。

 

 確かに、人権について具体的に明記されておらず、「憲法」という形式や名前だけを使っている国もあります。こういう国では、「憲法」を理由に、弾圧や、拷問、ひどいときには殺されてしまうおそれもあります。内容は関係なく、「憲法」という形式だけを採用しているので、形式的意味の憲法というそうです。

 

 もちろん、現在の先進国は、フランス人権宣言16条に「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていない社会は、すべて”憲法”を持つものではない」とあるように、権力を制限することにより自由を保障しようとする、立憲的意味の憲法を採用しています。
 日本国憲法もこの立憲的意味の憲法を採っています。

 

 ところが、与党の「改正」案は、権力者の権限を制限せずに、人権保障の範囲を狭め、市民の義務を作るのだそうです。
 こうなると、「憲法」という名の、国民を縛るための道具になってしまいます。これではそもそもフランス人権宣言16条にあるような憲法ではないので、現在行われている議論自体が筋違いとのこと。憲法改正ではなく、憲法破壊が正しい表現となるということのようです。たしかに、国民の人権を守らない憲法は憲法とは言えませんね。

 

 改正案を読んでいないので、どこがどうなっているとは言えないのですが(勉強不足で、すみません)、それが本当なら大変なことが起こります。与党がどのように憲法を変えようとしているのかがもっと周知されるべきですし、議論がなされるべきだと考えています。

 

 水上貴央さんの新刊です。面白い視点で書かれています。

 『ガチで立憲民主主義』

 


 なんと第2部で、鈴木邦男さん、参議院議員の山本太郎さんと、恐れ多くもわたしも、急遽登壇し、質問させていただきました。

 

loftイベント

 

 そもそもこのイベントに伺ったのは、今回の参院選でどこに(誰に)投票したらいいのかという疑問があったからです。選挙がある度にどこに投票したらいいのか悩むのですが、今回はいつもに増して難題です。選挙の争点の一つである「改憲」は日本が今後どこへ向かうのかという切実な問題です。


 強大な国家から一国民を守ってくれるのが憲法です。どのような出自であろうと、どんな思想を持っていようと、個人として国家から守られる。現行の日本国憲法は、戦前の国民をないがしろにした反省を踏まえたものです。

 わたし自身、なんとか生きてこられたのは、現在の憲法に人権が謳われていることが大きな要だったと思っています。時代が違えば、憲法に人権が明確に保障されていなければ、私はこの世に存在していません。わたしはこの憲法を破壊してほしくない。現在の憲法を国家の力を強めるものへ変遷させ、破壊させようとしている政党は論外です。憲法保持の政党で、応援したら議席が取れそうなところはどこか? わたしの一票が無駄にならないためには、どなたへ一票を入れたらいいのか。

 

 この疑問を登壇したみなさんにしてみました。答えは、水上貴央さん、山本太郎さんに話を伺って腑に落ちました。

 

 大事なのは、自分たちの声を直接聞いてくれるのは誰か、議員さんを使って自分たちに何ができるか、この人が議員さんになったらこんなことしたい、という発想ということでした。
 この議員さんはわたしたちに「何をしてくれるか」ということで選びがちだけれど、その人に任せておけばいいなどということはないということ。確かに、すべて任せるというのは、思考停止であり、無責任ですよね。

 

 考えてみれば当たり前のことです。議員は市民の声を代表する人。自分の声を代弁する人です。これが間接民主制の基本です。議員さまは雲の上の人と思い、遠いのが当然だと思っていた自分は無責任だったと反省しました。投票するべき人は、自分の意見を直接政治に反映してくれる(反映してくれそうな)人が一番いい。

 

 比例代表では今まで知り合った候補者さんを思い浮かべて、もう少し悩んでみようと思っています。皆さんに当選してほしい。そう思うと、自分に割り当てられた1票がとても貴重に感じます。

 

 山本太郎さんの「数年したら、発言することもできなくなるかもしれない。僕は本当に危機感を持っています」とおっしゃっていた言葉が重かったです。いま声を上げなければ、自由に思想信条を口にすることができない国になってしまう。そうなれば、戦前と変わりありません。

 

 さて、どうするべきか。もう時間がないぞ。

 

 選挙に行こう!

 

続きの記事もどうぞ。

「選挙に行こう!(2) 憲法について調べてみた」

「選挙に行こう!(3) 憲法について調べてみた」

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 15:05
comments(14), -, -

九州・熊本の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。


九州・熊本の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

4月14日から、父が生まれ育った地でもある熊本で地震が続いています。
皆さまのご無事と、少しでも早い復興を願っております。



 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 18:12
comments(4), -, -