今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

日弁連に関して2



5月7日付けで日弁連からお返事が来ました。


人権救済申立 アーチャリー 麻原彰晃


門前払いという印象がするのはわたしだけでしょうか。具体的な返答をいただ
けなかったので、また質問を送る予定です。

 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:人権救済, 18:16
comments(12), -, -

日弁連に関して

コメント下さった皆さん、そして見守って下さっている皆さん、本当に感謝いたします。

実は日弁連の通知をアップしても、「アーチャリーが相手なら当然だよ」という声が多いのではないかと思っていたのですが、皆さんから「それではどこに救済を申し立てたらいいのか?」というご意見を多くいただき、ほっといたしました。

日弁連からの「返事」はたったの二行半でした。わたしという人間に三行半(みくだりはん)を突きつけられたように感じられました。

わたしという人間は人権救済では取り扱えないのだと受け取ったのです。

あの通知文だけではわからないことばかりなので、日弁連にくわしく問い合わせをしてみようと考えています。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:人権救済, 15:21
comments(26), -, -

日弁連からの通知

ブログへのコメント、いつもありがとうございます。

すべて読ませていただいています。

わたしの日常については、後日書こうと思っています。

表現できると今までより楽ですね。

昨日も筋トレしたり、ストレッチしたりとリフレッシュしました。

ご心配いただいていますが、大丈夫です。

2014年12月23日にブログへ投稿したように、わたしが公安調査庁から「実質的な幹部」であると「認定」されたことについて、日本弁護士連合会から公安調査庁に対し認定を取り消すよう警告してもらおうと、人権救済の申立をしました。

これに対し、2015年4月9日付けで、わたしに日本弁護士連合会から次のような紙が送られてきました。


日弁連 アーチャリー ブログ

皆さんはこの紙を見て何をお感じになりますか。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:人権救済, 07:04
comments(29), -, -