今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

AbemaPrime『居酒屋むらじゅん』後編

 

本日5月22日、21:00〜23:00

 

AbemaPrime『居酒屋むらじゅん』 ←時間になったら、ここをクリックするとすぐにご覧いただけます

 

の、後編が放送されます。

 

 

前回の放送をご覧になった方も、見逃した方も、

 

ぜひ、ご視聴ください〜。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 07:00
comments(0), -, -

AbemaPrime 『居酒屋むらじゅん』

 

 昨日(5月13日)、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、堀潤さん、原田曜平さんと、居酒屋さんでお酒をいただきつつお話をしてきました。
 

 その模様が、5月15日(月)と同月22日(月)の、

 

 AbemaPrime『居酒屋むらじゅん』

 

 で放送されます!

 

 両日とも21:00〜23:00の放送予定です♪

 

AbemaPrime (AbemaNews) ←時間になったら、ここをクリックするとすぐにご覧いただけますよ−。

 

 

 

 収録の席で、村本さんにお土産いただいてしまいました。何と、熊本の! 熊本は父の出身地です。村本さんは父の出身地をご存じないだろうけど、嬉しかった〜\(^O^)/。

 


 先ほど収録を終えたところですが、放送がほんと楽しみ!! どんな番組になるんだろう? 「なにをしゃべったかしら」と不安になるほど、打ち解けてお話してしまった感じです(^_^;)。

 

 素朴な質問をする村本さん、バックグランドなど説明しつつ鋭い質問をする堀さん、わたしの学校がらみの経緯を時系列で質問してくれる原田さん。三人の役割分担が絶妙で、黄金トリオだなあと思いました。
 

 当然のことを当然に疑問を持つ。しかし、内容によっては、「当然のこと」を公の場で発言することに、とても勇気がいることがあります。ざっくばらんに、思ったことをお話されるので正直驚いてしまいました。大丈夫なんですか?? これ、放送して大丈夫なの?? って。

 

 収録ではいろいろなことがあったけど、詳しいことは秘密です(と、これを書いている間にも『ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT』で村本さんが内容を暴露してましたが……)。
 

 一人の人間としてすんなり受け入れていただけると、とても安心します。尊敬できる方々に出会えて、ああ、生きていてよかった。人にあきらめないでよかったと思った夜でした。

 

 

 放送をお楽しみに〜。

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 03:07
comments(7), -, -

今年も鈴木邦男生誕100年祭にお邪魔します

 

 もうすぐ鈴木邦男さんのお誕生日です。
 

 鈴木邦男さんとの初対面は、昨年の5月末『紙の爆弾』誌上での対談でした。その後、8月の生誕際(昨年は8月2日でした)に呼んでいただき、初めて不特定多数の方にお話させていただきました。鈴木さんにはその後も多くの機会を与えていただき、経験を積ませていただいています。

 

 あれから一年。今年も鈴木さんの生誕100年祭にお邪魔することになりました。

 

 今年の生誕100年際は7回目、以下の3部構成とのことです。

 

 鈴木邦男生誕100年祭

 

  日時:7月30日(土)
  会場:阿佐ヶ谷ロフトA
  OPEN 12:00 / START 13:00
  前売¥2,100 / 当日¥2,300(共に飲食代別)

 

  【出演】鈴木邦男

 

 

  第1部 『三島由紀夫 幻の皇居突入計画』を巡って
  鈴木兄弟がガチの初対決
  【司会】
  瀧沢蛇子
  【出演】
  鈴木宏三(山形大学名誉教授・英文学)
  彩流社刊『三島由紀夫 幻の皇居突入計画』著者・鈴木邦男さんの実弟

 

  第2部 『原発プロパガンダ』の著者・本間龍が斬る電通・博報堂
  【出演】
  本間 龍(作家・元博報堂営業部)
  蓮池 透(元東京電力 福島第一原発に関係・元拉致被害者の会事務局長)
  晴山生菜(皓星社・『放射線像』を編集)

 

  第3部 鈴木邦男とガールフレンズ
  【出演】
  松本麗華(aka アーチャリー)
  あべあゆみ「今年も披露・背中の刺青=唐獅子牡丹」撮影、自由! 去年からさらに進化!
  赤岩友香(週刊金曜日記者)
  他

 

 詳しくはこちらをご確認ください。
 http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/47012

 

 ローチケではチケットが「残りわずか」の情報もあります。お早めに、ご予約ください。ぜひともお誘い合わせの上お越しください。

 

 わたしはガールフレンズ? の一人として???登壇させていただきます!!(*^^)
 今年は一段と面白そうな内容ですね。鈴木さんの弟さんが出演なさったり、原発関連のお話があるようです。

 

 

 7月13日に鈴木さんにいただいた腕時計。100円で買って、半年間経っても動いているそうです。鈴木さんがつけられているとかっこいいのですが、果たしてわたしがつけたらどうなるのか?

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 01:11
comments(12), -, -

7月13日(水) 第23次笑の内閣 『ただしヤクザを除く』公演にお邪魔します。

 

 7月13日(水)に、こまばアゴラ劇場で行われる、第23次笑の内閣の『ただしヤクザを除く』のアフタートークで鈴木邦男さんとご一緒させていただきます。

 

第23次笑の内閣のHPから


 

表現規制問題やネット右翼、風営法問題、女性差別問題など、数々の社会問題を嘲笑ってきた関西きってのアナーキー劇団、笑の内閣。
今度のテーマは、ヤクザの人権?!
保険も入れん、家も借りれん、銀行口座も作れん、こどもは幼稚園から入園拒否…。
いくら悪党相手だからって、好きでヤクザになったからって、ヤクザに人権は認められないのか…?
笑の内閣最新作は、暴力団対策法や暴力団排除条例によって引き起こされる「ヤクザに対する人権侵害」を描く、良い子のための人権啓発コメディ!

 

第23次笑の内閣『ただしヤクザを除く』
作・演出=高間響

 

東京公演
日程:2016年7月13日(水)〜18日(月・祝)
会場:こまばアゴラ劇場(http://www.komaba-agora.com/ )

 

 


 

 公演の詳細は、こちらをご覧ください。

 http://warainonaikaku.sitemix.jp/yakuza.html

 

 『ただしヤクザを除く』の公演のテーマは大切な問題です。
 この「ただしヤクザを除く」という考え方は、とても危険なものです。「ヤクザが相手なら何をやってもいい」から、「あの人は変な人だから、何してもいいよね」と対象の範囲がどんどん大きくなっていき、多くの人々の人権が奪われてしまうかもしれません。

 

 人権とは「人間が人間らしく生きるために生来持っている権利(大辞林)」です。つまり、どのような思想信条を持っていても、必ず、人としての権利が守られなければならないのです。暴力団対策法や、暴力団排除条例によって規制する対象が、だんだんと拡大されていくことが懸念されます。(実はわたしはこの法律ができてから、銀行口座を作るのを断られました)

 

 この公演を機会に、暴力団対策法について考えてみてはいかがでしょうか。

 ぜひ、お越し下さい。

 

 

 クイズ
 ただし、○○○を除くって身に覚えがありすぎる。さて、○○○に入る言葉は何でしょうか?

 

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 14:23
comments(6), -, -

第19回鈴木邦男シンポジウム in 札幌時計台『「日本の分」について考える』で対談と講演



 今日は講演のお知らせです。来月の17日、ちょうど一ヶ月後に、第19回鈴木邦男シンポジウム in 札幌時計台『「日本の分」について考える』にて、対談と講演を行います。



 以下、イベントの詳細です。

【日 時】 2016年5月17日(火)18:00〜20:30

【場 所】 札幌時計台ホール
札幌市中央区北1条西2丁目
札幌時計台2階
電話011-231-0838

【テーマ】 止まった時計ーー父・麻原彰晃と私

【参加費】2,000円

【定員】150人 要予約(先着順です)

【申込方法】

○facebookからのお申し込み。
 ログイン後に以下のページを表示して、「参加する」にしてください。
 https://www.facebook.com/events/1094502280590057/

○メールでのお申し込み。
 お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、以下のアドレスにお申し込みください。メールのタイトルは、「第19回鈴木邦男シンポ申込」としてください。
 申し込み先メールアドレス:y-kachi@hakurosya.com
 
 さらなる情報は、主催の柏艪舎のページをご覧ください。
 http://www.hakurosya.com/books/news.php?news_id=104

 人生初の「講演」です。しかも、札幌時計台という、由緒ある場所でさせていただけるとは! 大学時代の話ですが、クラスでの英語の発表のあとに一週間も動悸に悩まされることもありました。動悸がそんなに長時間止まらないなんて、びっくりですよね。自分でも驚きました。そんなあがり症の自分にできるのかなぁと不安は大きくありますが、頑張ってみます。

 内容はまだ未定ですが、題にあるとおり、父・麻原彰晃と自分自身の人生について話をさせていただければと考えています。こんな話を聞いてみたいなどのリクエストをいただけると幸いです。

 札幌での開催ですので、気軽にというわけにもいきませんが、もしお時間ありましたら、観光がてらいらしてくださいませ〜。本日の23時59分まで
ピーチ http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/homeJP.aspx)の航空券がセール中です\(^O^)/。



 今後ともよろしくお願いいたしますー!

 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 19:16
comments(63), -, -