今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

寒い日に「巨大肉まん」はいかがですか?


 11月某日、わたしが体調不良に苦しんでたとき、料理のレシピがGoogle先生におすすめ表示された。
 (「インスタ映え間違いなし!」と書いてあるのにこのページにはイラストしかない。イラストレシピの本の紹介だけどもったいない!)

 

 

 

 なぬ。炊飯器で作る「どでかまん」と名付けられた巨大肉まんのレシピですと? ホットケーキミックスで作るのか。

 

 ホットケーキミックスはお砂糖がたくさん使われているし、ちょっと苦いんだよな。うーん。美味しそうだから、作りたいけど、普通に小麦粉とベーキングパウダーで作るレシピはないかな。そっちの方がコストもお得だしね。ということで、レシピを調べて発見!

 

 レシピは見つかったものの、気力と体力がなくて制作できず。

 

 しかーし、昨日から少し気力がわいてきました。創作的・芸術的なことをしたくなってきたのです。ということで、作るぞー!!

 

 いろいろ調べた結果、美味しそうなレシピは以下のとおり。
 

■ 材料 【6人分:5合炊き炊飯器を使用】 ■
■具
 豚ひき肉 300g
 玉ネギ 1/2個(100g)
 シイタケ 2個(30g)
 醤油 大さじ1と1/2
 オイスターソース 大さじ1
 ゴマ油 大さじ1
 砂糖 大さじ2
 酒 大さじ1/2
 鶏ガラスープの素 小さじ1
 おろしショウガ 小さじ1/2
 塩 少々
 コショウ 少々
 片栗粉 大さじ1と1/2
■生地
 強力粉 150g
 薄力粉 150g
 砂糖 大さじ4
 ベーキングパウダー 大さじ1(12g)
 塩 小さじ1/4
 水 150cc
■炊飯用
 熱湯 150cc

  (※わたしは、この3倍量でつくりました)

 

 まずは餡作りです。

 

 挽肉はときどきアレルギーが出るのでうちでは購入しません。ということで、挽肉から作成。ヒレ肉100グラム98円のブロックを二枚の包丁で叩いて挽肉(根気が足りず、こま肉ぐらいかな? (^_^;))を作ります。
 

 その他の具材はみじん切りに。手抜きをして、適当に大きめのみじん切りにします。具材はアレンジして大根と筍を加えました。しょうがもおろしではなくみじん切りでたっぷりと。お肉も増量。調味料も家にあるものもないものもあるので、適当に味噌なども少量入れてみました。
 

 

 

 刻んだヒレ肉と野菜をボールに入れて粘りがでるまで練って餡は完成のはず……。

 

 やっぱり写真でも挽肉にはなっていないし、粘りもでていない(^_^;)。ま、大丈夫でしょう。たぶん、ごま油がよい仕事をしてくれます。

 

 

 

 次は皮です。まんじゅうは皮で味が決まるともいいますが、強力粉うちにないし〜。ま、大丈夫でしょう。

 

 

 

 でも、少し心配だから、ごま油を大さじ1ぐらい足しました。これで少ししっとりするはず(ごま油は強力粉の役割はしてくれないけどねー)。

 材料を混ぜ合わせ、水を3回ぐらいに分けて加えじゅうぶんに練る。
 十分柔らかくなめらかになったら皮も完成。あらら。少し水を加え過ぎてしまったみたい。

 

 三等分して、それぞれに打ち粉を打って皮を伸ばします。なお、伸ばす作業はクッキングシートの上でやるとその後の作業も楽です。わたしはクッキングシートの上で、麺棒を使わず、手の平でぺたぺた広げただけです。

 

 伸ばした皮の上に、先ほどの餡を山盛り載せます。

 

 


 それを皮で包み上げて、まんじゅうの形はできました。

 

 

 

 あとは「蒸し」。
 炊飯器にクッキングシートごとまんじゅうを入れて、クッキングシートの外側に150ccほどのお湯を入れる。
 「急速」で炊飯器のスイッチをポン。
 炊きあがったタイミングで、もう一度今度は通常の炊飯でポン。
 炊きあがったら保温モードで蒸らす。

 

 

 

 完成!!!!!

 

 さすが、いんすたばえするレシピだわ〜。美しい。って、やっぱりだめなのね。わたしが作るとどうも映えないわ。

 

 


 でも、味は美味しいはず。では、早速……

 

 

 

 うまっ!!!!

 

 ヒレでは脂身が少なくうま味に欠けるかなとも思いましたが、その心配は杞憂でした\(^O^)/
 ベーキングパウダーで膨らませた皮も美味。
 油っぽくなくて、筍の風味がたっぷり。宇未もうまうま。美味しいねと食べてくれました。

 

 しかーし、わたしがいないときに食べた同居人は「皮がね、固くて残念だった。やっぱり皮は難しいんだね」とのこと。
 

 わたし「ものぐさして、温めないで食べたんでしょ。そういう感想がくると思ったよ〜」
 同居人「あれ? ばれた? 出ていたのそのまま食べろってことだと思った」

 

 ということで、温めたのを食べてもらったら、「皮も美味しかったんだね。これはすごいね」とのこと。冷たかったら皮美味しくないよ。コンビニでもいつも一生懸命ほかほかを売っているでしょ〜。まったくもお〜(´д`)。

 

 肉まんって栄養食ですね。タンパク質も炭水化物も野菜も取れる。後は、小松菜とかブロッコリーがあれば一食の食事としていい感じじゃないかしらo(^▽^)o。

 

 寒い日に、みなさんもあつあつをお一つどうぞ〜。

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:料理, 12:19
comments(5), -, -
コメント
玉ねぎが死ぬほど苦手なんで、豚まんはこれまでの人生の中であんまり食べた記憶がないです。代わりにあんまんや肉まんを食べているんですが、家族からは「玉ねぎも栄養価高いんだから食べなさい」とよく言われます。確かに病気持ちとしては正論でしょうが。味がちょっと苦手なんでですよね。
むら, 2017/11/26 8:30 PM
そろそろ、フードプロセッサーを買おう。

ベーキングパウダーを使うより、発酵させた方が生地がしっとりするよ。
元R師, 2017/11/26 8:04 PM
この写真じゃ大きさがわからん。
麗華さんの顔と並べて撮ってくれ。
大熊真春, 2017/11/26 4:50 PM
やば!タイトルに釣られて思わず見ちゃった
減量中の俺には完全に飯テロだーー!!!
完成画像以外は完璧な料理番組(゚Д゚)
ジェロニモ, 2017/11/26 2:22 PM
アノーおいしい様ですが、これ食べすぎると、体型もこの形になったら?
姉上もご指摘の体型ですね。
失礼しました。
鈴木良実, 2017/11/26 1:02 PM