RSS | ATOM | 検索

憲法の原則に反してまで

これまでお伝えしてきたように、裁判所の父との面会は普通の手続とは異なったものでしたが、他にも普通と異なることがありました。

それは、この「手続き教示」が弁護人にも知らされないまま行われたという点です。

憲法は、裁判を公開の法廷で行うことを原則としています(憲法第82条)。

弁護人は父の訴訟能力を争っていた以上、訴訟能力があるかないかの心証形成は、公開の法廷で行われなければならないと思います。

裁判所は自分たちがやっていることが、正当な行動とは思っていなかったのでしょう。

彼らは父とこっそり会い、父が正常であり、目が見えるということにしてしまいました。

弁護人を立ち会わせてしまったら、事実に反する主張をすることはできなくなってしまいます。

裁判所が、父が発する「音」をもって「理解していた」と主張しても、弁護人は、相づちのような音と話の前後関係を明らかにして、「ただ脈絡もなく、相づちのような音を出していただけである」と訂正してしまうでしょう。

よって、裁判所は密室で、自分がどこにいるかすらわかっていない父と、会わねばならなかったのではないでしょうか。

彼らは公正であるべき裁判所としての一線を踏み越えてしまいました。

この裁判所が行った父に対する「診断」は、のちに裁判所が行うことになる「鑑定」の公平さを根底から失わせるという、暴挙へとつながっていきます。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:今までの経緯, 03:20
comments(3), -, -
コメント
ミスタースポックに学ぶ3

ミスタースポックの想念から麻原彰晃を考えると、論理的にはその生みの親の松本智津夫は麻原彰晃を名乗りその役を担う過程の言動や行動を考えると、

松本智津夫は多重人格もしくは統合失調の傾向が観てとれる、

しかし通常の多重人格もしくは統合失調の常人からはかけ離れた能力があり、
論理的な未知の推論をするなら何らかの未知の生命体による憑依とも言える、
その何らかの未知の生命体は想念にあり松本智津夫を通じて麻原彰晃として実体化した。

その生みの親の松本智津夫が灰人になろうと亡くなろうと麻原彰晃は既に生命体として成立している、生きていると言える、

そしてその麻原彰晃の生命体は互いに相反し反目合いながら、進化する為にそのあらゆる違う別の形態で生きている、

その形態の一つがアレフであり上祐さんであり、3女の麗華さんであり、4女でもあると言える、

極めて高度で複雑かつ多様な生命体と言える、

なので、この松本智津夫やその麻原彰晃を安易に単なる精神異常者や人格障害者やその詐欺しなどと結論付けるのは非論理的である、

3女の麗華さんはこれからの課題はミスタースポックに学びそのバルカン式の精神融合による進化である、

決して大衆に迎合しその生命体を埋もれさせてはならない、
ゴラス, 2016/11/19 10:53 PM
空様

私も貴殿の意見に同意見ですな、

麻原彰晃の役を担った松本智津夫死刑囚の事件の経緯の事実は、

明らかに薬物によるその被害妄想とその攻撃性、

そして政治に深く関与しようとした者のその典型的な末路と言える、

そしてその三女の彼女はその父譲りの強い社会的上昇思考がある反面で上祐さんに似た計算高く小利口な側面がある、

そしてあの様な境遇の育ちにも関わらず、何処で身に付けたか不思議だが、日本人女性特有の全く自己を偽る外面の才に長けている、

今の彼女のパーソナリティーは過去の彼女に関する数々の証言から元の彼女とは全く違う事は明らかで、日本人女性特有の外面である、

私は元の本来の彼女に価値があると思われる、彼女はその本来の意味や価値を自ら殺してしまっている、

確かに彼女の主張の通り松本智津夫死刑囚に対するマスコミの報道は片寄っており司法の対応も異質である、

それに彼女が父である松本智津夫に関するその人間性も事実である事も多々あると思われる、

しかしその末路の事実は松本智津夫死刑囚が政治に深く関わっていた事の身から出た事、彼に喋られたら都合の悪い政治家なり公安関係があるだけの事で暴力団の留置所での末路に酷似している、

父を慕う彼女の気持ちはよく理解出来るしかし彼女が主張する父は何も知らなかった。何の実権も無かった。誰かに操られていたに過ぎない、なる主張はあり得ない、到底に広くは世間に通用しない、

例え少数のその支持者ができてもそれだけに過ぎない、体勢に何ら変わりはない、

なので彼女は今迄の方向性や考え方を改め父である松本智津夫の人間としての非を認めその父の人間としての非を認めた上でその父にはこの様な良いところがあった。父はこの様に優しい人格だったとのその事実の主張をするべきである、

非があるのはお父さんだけではない、人間は皆その非があり人間は全て誰もが罪人である、この前提に改めるべきである、



ゴラス, 2016/11/15 5:03 PM
普通と異なる対応と言っても、大多数は裁判所を支持するでしょうね。
あなたの所属していた宗教法人が、日本初の宗教法人による大規模テロをおこしたという意識が低すぎる。
結局何も変わってないんだなという印象です。
空, 2016/11/11 10:05 AM