今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

「ザ・世界仰天ニュース」の放送で修学拒否などの再現ドラマがありましたが……

 

 本日放送された「ザ・世界仰天ニュース」はご覧になりましたか。

 

 このような形で放送していただけたことに、時代の変化を感じています。

 

 

 事件後、「アーチャリー」の名前は、マスコミによってネガティブな意味で拡散され、私とはちがう別の人格を持って一人歩きするようになりました。
 マスコミの過熱報道と誤報――今でいうフェイクニュースによって、義務教育の「就学拒否」「入学拒否」などを受け、学校に行きたくても行くことができませんでした。

 

 今回の再現ドラマは、わたしの人生の一部、学校に関するお話に焦点が絞られていましたが、実は就学の問題は、わたしの困難な人生のはじまりにすぎませんでした。

 

 番組でもふれられていましたが、わたしはずっとひっそりと生きたいと願っていました。でも、それも許されることはありませんでした。フェイクニュースに打ち勝つためには自分で発信するしかないという理由もあり2015年に自分自身の人生を記した本を書きました。これが『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』です。
 

 本を書いたことで、多くの新しい出会いが生まれ、読んでくださった方が友だちになってもくださいました。本を読んでくださると、あのときは麗華さんから見たらこうだったんだね、とマスコミによって作られた「アーチャリー像」とは別の私を理解していただけることが多いと実感しています。

 

 今回の再現ドラマも、この本と、新たにインタビューでお答えした内容が元となっています。

 

 つい先日、この『止まった時計』の文庫版が、講談社+α文庫から発売されました。
 紹介文にはこう書かれています。

 

 

「オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件から20年。あの頃、教祖・麻原彰晃の後継者としてメディアを賑わせた、ひとりの女の子を覚えているだろうか。
アーチャリー正大師、当時11歳。社会から隔絶された地に育った彼女は、父の逮捕後も、石もて追われ、苦難の道を歩んだ。アーチャリーとしてではなく、松本麗華として、これまで歩んできた「オウム」「父」「わたし」のすべてを明かすことに決めた。本書は、父の逮捕の日から止まっていた時計を、自らの手で動かそうとする苦闘の記録である」

 

 実は、わたしの本を購入すると代金がテロに使われるとか、アレフにお金がいくのではないかとかという誤解を、今でもされている方がいます。わたしはテロなど人を傷つける行為すべてに反対ですし、オウム真理教から派生したいかなる団体とも関わりがありません。この誤解がいつかなくなることを願っています。

 

 ぜひ多くの方にお読みいただければと思います。

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 20:37
comments(10), -, -

5月のイベントのお知らせです!

 

 

 今月は、以下の二つのイベントに呼んでいただきました。

 

 一つ目は、2018年5月26日開催の《お手紙屋さん》特別イベント!!!です。
 静岡県藤枝市で、以下の内容で開催されます。

 

 

《お手紙屋さん》特別イベント!!!

 

 タイトル 【オウム真理教 中から見た事実】
 《私たちが知らない、報道されない事実が日本にはある》
 
ゲスト 【松本麗華(執筆家・カウンセラー)】
 
M C 【堀潤(ジャーナリスト)】
 
日時 【5/26(土)13:30〜16:30】
 
場所 【静岡県藤枝市 某所(購入者のみに教えます)】
  ※JR藤枝駅から徒歩10分の場所です
 
料金 【3,000円】
  ※クレジットカード決済のみになります
  ※当日受付時に購入したことが確認できる画像・画面の提示をお願いします

 

 《イベント内容》
  前半は、松本麗華さんの著書【止まった時計】についてMCの堀潤さんと話していただきます。
  後半は、松本麗華さん自身を知ってもらい、どんな人なのか深掘りしてもらおうかなと考えております。参加者の方に質問していただく時間も作りますので遠慮せずに聞いてください。麗華さん曰くNGはないとのことです。好きな映画や音楽、趣味や休日の過ごし方、好きな男性のタイプなど・・・自由に聞いてください。交流時間もあります。

 


 詳しい情報の確認と、チケットの購入は以下のイベントの告知ページからお願いします。
 文庫版発売記念でチケットが追加されたようです。まだ空きがありますのでぜひどうぞ。
 http://toyou.base.ec/items/11145915

 

 

 2つめは、2018年 5月31日(木)「宇佐美典也と音喜多駿の『ゆるい政治』リアル勉強会」です。
 こちらは、六本木での開催です。

 

 

宇佐美典也と音喜多駿の「ゆるい政治」リアル勉強会

  #3 テーマ「それぞれにとってのオウム真理教」

 

【 イベント概要 】
テーマ 「それぞれにとってのオウム真理教」

 日時:2018年 5月31日(木)19:00-21:00(18:30 受付開始)
 
場所:DMM本社イベントスペース
 (東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー24階)

 参加料:3,500円(軽食・ドリンク代込み)
  ※月額3,000円のサロン入会者は無料!(Peatixでのお申込み不要)
  ※全席自由
  ※ゲストスピーカーへの質問はサロンメンバーに限定

 申込方法 Peatix本ページ、もしくはサロン入会
  サロン入会はこちら → https://lounge.dmm.com/detail/887/

 申込期限 2018年 5月31日(木)17:00
  ※コンビニ / ATM でのお支払いは、2018/5/30 で締め切られます。

 

 

 こちらも、詳しい情報の確認と、チケットの購入は以下のイベントの告知ページからお願いします。
 https://peatix.com/event/384307

 

 

 みなさま、ご都合が合いましたら、ぜひお越しください。
お待ちしております。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 23:00
comments(5), -, -

『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』の文庫版が発売されます。

 

 


『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』の講談社+α文庫版が5月17日に発売されます。

 

 

AmazonKindle版は5月18日に発売予定です。
なお、キンドル版はすでに予約注文ができるようです。

 

今回の文庫化にあたって、加筆修正を行いました。また、なんとジャーナリストの魚住昭さんとの対談をさせていただきました。

 

魚住さんとの対談は、新しい発見がたくさんありました。詳しくは本書にて。

 

 

2015年3月に単行本が出版されて、まる3年が過ぎました。

 

沈むときも多いですが、出版後、さまざまな方に出会い、支えていただき、3年前には考えもしなかったような未来を生きています。

 

本当に本当に感謝です!!!

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 11:59
comments(3), -, -

本日のTOKYO MXテレビ「激論!サンデーCROSS」でインタビュー映像が放送される予定です

 

 

 お知らせです。

 

 本日5月13日11:59〜13:25放送の、TOKYO MXテレビ「激論!サンデーCROSS」でインタビュー映像が放送される予定です。

「死刑制度は廃止すべきか?」という番組のテーマに沿って、いくつかの質問にお答えしました。

 

 

MC 堀潤さん

キャスター 宮瀬茉祐子さん

 

ゲストは、
一水会 元最高顧問の鈴木邦男さん
シンガーのsayaさん
映画評論家の福田秀文さん
日本弁護士連合会元会長の宇都宮健児さん
評論家の呉智英さん
です。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

TOKYO MXテレビは東京ローカルの放送ですが、そのほかの地域の方はネットで視聴することが可能です。

PC版エムキャス 「激論!サンデーCROSS」

スマホ用 エムキャスアプリ

 

ぜひ、ご覧ください。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 01:41
comments(1), -, -

是非ご覧くださいませ!!

 

 

最近執筆した記事と、対談記事のご紹介です。

 

1.『現代ビジネス』
講談社 『現代ビジネス』サイトでの不定期連載です。

 

 ○「アーチャリー」と呼ばれたわたしが、今伝えたいこと
 オウム裁判は結審した。では真実は?

 

 ○真実を知りたい…「アーチャリー」と呼ばれたわたしが考えていること
 麻原裁判は、これでよかったのか

 

現在、上記二つの記事が掲載されています。

 

(c)Jun Hori


2.「松本麗華のお悩み相談室」
図書出版の皓星社のWEBサイトでの不定期連載です。
 

松本麗華のお悩み相談室

現在、初回の回答が掲載されています。

お悩み相談をしております。何かお悩み、質問ございましたら、ぜひ!

 


3.現代用語の基礎知識「現代用語オンライン」
「鈴木邦男のオンラインで語ろう」で鈴木邦男さんと対談させていただきました。家族から見た死刑というものを知っていただければ幸いです。


「死刑囚を描いたマンガ作品に共感」と題して1回目が公開されています。
 

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 03:18
comments(4), -, -