今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

妹(四女)の申し立てた審判における不当な認定を違法だと訴えた裁判の判決について

(被告は国ですが問題としたのは横浜家裁の審判です。以下ではわかりやすいように横浜家裁といいます)

 

この記事は少し長いので、お時間がない方は太字の部分だけお読み下さい。

 

2019年3月26日、東京地方裁判所にて、わたしが横浜家裁を訴えていた裁判の判決がありました。

 

この裁判を起こした経緯をご説明いたします。

 

2017年10月31日、わたしの妹であり、父の四女(以下、妹と言います)が申し立てていた、両親を推定相続人から廃除する審判が横浜家庭裁判所で下されました(この内容は、四女の代理人弁護士のWEBサイトに未だ掲載されたままになっています)。

 

民法では虐待、重大な侮辱、著しい非行などがあった場合、相続人は推定相続人を廃除できると規定しています。

 

法律上確保された最低限度の財産(遺留分)を相続できる人は"推定相続人"と呼ばれ、親や配偶者、子供、代襲相続する孫などがそれにあたります。兄弟姉妹には遺留分がないため、推定相続人廃除の対象とはなりません。遺言書で、「兄弟には相続させない」と一筆書くだけで事足ります。

 

ところがなぜか妹は、わたしが妹に対して暴力を振るうなどしたため家出をしたと主張し、横浜家裁は推定相続人でもなんでもない、裁判と関係ないわたしに対し、調査や問い合わせさえ行うことなく、妹に対して暴力を振るったと認定をしてしまったのです。

しかも、妹は審判の決定が出たあと記者会見を行い、わたしに熱湯風呂で殺されかかり、命を落としていても不思議ではなかったということまで述べました。また妹の代理人となった弁護士は、わたしが暴力行為を行ったという「認定」も書かれた、本来非公開であるはずの家庭裁判所の審判書をブログにアップし、家裁が認定したと主張しました。

 

かくして、わたしは、妹を虐待したんだね、妹まで殺そうとしたのか、やっぱり嘘つきだなどと非難を浴びることになりました。

 

思い返せば、妹が何かを語ると、わたしには確認さえしてもらえずに、彼女が語った通りのレッテルを貼られるということを繰り返されてきました。そのたびに悲しく、つらい思いをしていきましたが、今度は家裁までもが意見を述べる機会さえ与えずに、妹の供述のみで認定してしまったのです。
妹が主張したことは事実ではありません。妹の証言が虚偽であることは、当時わたしと妹が一緒に住んでおらず、妹の主張する暴力が家出の原因となり得なかったなど、生活状況等を見ても明らかでした。

 

父の娘として同じように苦労してきたはずの妹はなぜ、わたしをこのように追い詰めるのだろう。どうして、妹がいうことは確認すらされず、「事実」とされてしまうのだろうかと、気力が尽きそうになりました。

 

それでもわたしが今生きていられるのは、松井先生をはじめとして、わたしを励まし、応援し、支えて下さった方々がいるからです。姉や弟にも支えられ、助けられてきました。死にたいと思ったとき、今まで支えて下さった方たちの顔を思い出し、わたしが懸命に生きることこそがご恩返しになると思い、最後の一線を越えずにここまで生きてきました。

 

しかし、今後も同じようなことを繰り返されては、わたしの生きる道はさらに狭められてしまいます。なんとか生きようと思っても、いつか力つきてしまうでしょう。
このような理由でわたしは、東京地方裁判所に、横浜家裁が行った認定は違法であるとして、国家賠償請求訴訟を起こしました。

 

その判決が、3月26日にありました。

 

1時10分すぎ、三名の裁判官が入廷してこられ、着席されました。

 

裁判長が、
「原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。以上です」
とわたしの顔を見ながらおっしゃいました。時間にして20秒ぐらいだったでしょうか。傍聴人の退廷がはじまる中、わたしは呆然と裁判長の顔を見ていました。
やはり棄却なのか……。裁判長はなぜわたしの顔をじっと見つめて、判決を読み上げたのだろう。判決内容が気になりました。
閉廷後、松井先生が裁判所から受け取った判決文を一読され、「当裁判所の判断というところから、読んでみて」とわたしに判決文を渡されました。判決は全体でも5ページと、短いものです。

 

わたしが負けた理由は、〜蠡廓兔の審判において、第三者に関する事実を認定する場合に、当該第三者に対し意見を述べる機会を与えねばならないという規定が存在しないこと。したがって、裁判官の裁量の問題となること、判例が国家賠償法上裁判官の行為が「違法」となる要件として挙げている、裁判官が違法もしくは不当な目的を持って権限を行使し、または権限の行使がはなはだしく不当であったということはいえないこと。

 

 の2点でした。


△亡悗靴討蓮代理人の松井先生が、民事訴訟法のご高名な学者である竹下守夫先生の国賠法上「違法」となるためには「非常識な過誤を犯した場合も含まれる」(「裁判官の職務行為と国家賠償責任」『私法判例リマークス1997年(上)』112頁以下 )という見解を引用して訴えて下さいましたが、独自の見解とされてしまい退けられてしまいました。非常に残念です。

 

 

日本では、裁判所は裁判官の行為についての国賠の請求を認めることはほとんどないと聞いたことがあります。

 

しかし、わたしの裁判を行った裁判所は事実に関し、次のように判断しました。
「証拠(甲1、11、17、原告本人)及び弁論の全趣旨によれば、本件審判書の作成に当たり、担当裁判官らは、原告に対する事実確認を行わないまま、同審判事件の申立人である四女が提出した証拠に基づき、本件審判書に、原告が四女に暴力を振るったとの事実を認定した事実が認められ、これにより多大な精神的苦痛を被った原告の心情は理解できないではない」(判決書4ページ)

 

東京地裁は、横浜家裁がわたしに対し事実確認を行わないまま、妹の供述のみで、わたしの暴力行為を認定したとはっきりと書いてくださっていたのです。その上で、わたしが多大な精神的な苦痛を被ったという心情にまで、思いを馳せてくださったのです(松井先生からいくつか問題点を伺っていますがここではこれには触れずにおきます)。

 

わたしの訴えは、棄却されました。でも、今回の判決は、裁判所に絶望しかけていたわたしにとって、一条の希望となりました。
近年、判決で証拠を無視されたり、証拠に書いてあることと真逆のことを認定されたり、わたし本人が何もしていなくてもまわりがそう思っているから仕方がないとか、名誉はすでに失墜しているから今さら名誉毀損にはならないなどという判決が続いていたため、裁判所には絶望しかけていたのです。

 

この判決があれば、妹や代理人の弁護士に、横浜家裁がわたしの暴力行為を認定したとこれ以上利用されずにすむでしょう。それだけでも、わたしの心の重荷が一つ消えます。

 

この事案がどれほどわたしの心の重荷になっていたのか、判決が出てやっと理解できました。この判決が出てから、わたしは少し動けるようになり、このようにブログ記事も書くこともできました。

 

今回わたしの裁判を担当してくださった裁判官の方々、書記官の方々にお礼を申し上げます。

 

また、具合が悪いときはメールのお返事も出せず、なかなか陳述書も書けず、ご迷惑をおかけしているにもかかわらず、ずっとわたしを支え続けてくださっている松井先生に本当に感謝しています。

 

最後に、遠方からの方も含め、傍聴に来て下さった方々、わたしを応援し支えてきてくださった方々に感謝いたします。ありがとうございました。

 

一人ではとても耐えられないこの孤独と逆境を、皆さまの支えでなんとかここまで生きてくることができました。ありがとうございます。わたしはわたしを守るために何も持ち合わせていません。だから、司法にその判断を求めるしかないと思っています。あきらめずに、自分の人生を取り戻すために、一つ一つ不条理に対し解決を求めていきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 22:09
comments(97), -, -

日テレの虚偽報道に対する抗議声明

 

 

  昨日(2018/07/11)、弟が、滝本太郎弁護士に殺害予告をしたという報道がなされました。そのことについての抗議声明を、代理人である松井武弁護士から司法記者クラブに送ってくださいました。

 

 

 

 

抗  議  声  明

 

報道各位

 

麻原彰晃こと松本智津夫長男代理人弁護士 松井 武

 

 2018年7月11日13時50分ころ 通称日本テレビは、「ヒルナンデス」あるいはネットニュース「NEWS24」において、大要下記のような番組を放映しました。

 

 

「6日に死刑を執行されたオウム真理教の教祖松本智津夫元死刑囚の四女の代理人弁護士が、松本元死刑囚の長男からSNS上で殺害予告をうけたとして、警察に告訴状を提出したことがわかった。

 松本元死刑囚の遺体は9日に火葬され、遺骨は東京拘置所で保管されている。遺骨については、松本元死刑囚本人が、死刑執行直前に四女に引き渡すよう口頭で意思を示したとされているが、松本元死刑囚の妻や長男側は、妻に引き渡すよう求めている。

 長男のものとみられるツイッターには、死刑執行後に「殺しに行く」という文言が書き込まれており、四女の代理人弁護士は、文脈からこの文言は、自分に向けられたものだとして、11日までに、脅迫の疑いで、警察に告訴状を提出した。

 警察は、長男による書き込みかなど慎重に調べることにしている。」

 

 しかし、長男が殺害予告をした等の放送は事実無根です。長男は投稿をしていません。そもそも、当該投稿のあったアカウントは長男と全く無関係なものです。既に、当該アカウントの使用者である投稿者本人が警察におもむいて事情説明をしているとの情報も得ています。また、問題となった投稿内容は、「誰かと誰かは二世皇帝と趙高のような関係になったら、殺しに行くぞ」などといった内容であったようですが、このような意味不明な内容を長男が書き込むことは考えられません。会見した滝本弁護士は、投稿者が長男であると考えた理由を質問された際、大要「文脈からして明らかに長男ですけれどもね。尊師と言ったり。リツイートの関係を追っていった。直ちにリツイートしてきたこと、内容からしても長男だと思われます。昨年、裁判の際に、長男は、滝本さんの側にいかないと脱会していると認められないのかなと、寂しい言い方をしており、彼は私を意識している。」と述べていますが、このような単なる思い込みによる推測が投稿者特定の根拠とならないことは明らかです。

 当職は、「ヒルナンデス」及び「NEWS24」で上記を放送した日本テレビに対し、本書面をもって、長男をあたかも犯罪者であるかのごとく扱った虚偽の報道に対し厳重に抗議すると共に、大要「2018年7月11日13時50分ころの『ヒルナンデス』及び『NEWS24』において、麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚の長男が滝本太郎弁護士に対し殺害予告をしたかのような報道をしましたが、この報道は滝本弁護士の事実誤認に基づく誤った告訴を当社が軽信したがゆえの誤報であったので、ここに訂正して謝罪いたします」との内容の謝罪広告を、本書面到達後1週間以内に朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の社会面に日本テレビの費用で紙面の4分の1を使い掲載することを求めます。

 また、滝本弁護士は、当該投稿者が長男であるか否かに関する事実関係を何ら客観的に確認しないまま、長男を被告訴人と特定して刑事告訴にまで及んだうえ、同告訴について長男を名指しして記者会見をしました。その記者会見においても、滝本弁護士は投稿の文脈が長男とどう関係するのか等を全く明らかにしていません。他人を犯罪者として告訴するには極めて根拠が薄弱であり、何らかの意図的な行為であるか、少なくともあまりに軽率と言わざるを得ません。

 上記放送及び告訴は、実の父親を亡くし、この間つらい思いをしている長男の心をいたずらに傷つけるものです。日本テレビ及び告訴した滝本弁護士に対する今後のことについては、長男と相談して対応していきます。

以上です。

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 01:23
comments(285), -, -

今の時点での事実のお知らせ(1) 引き渡しについて知らされていること

 

 

 7月7日の時点で、父の遺体を「四女への引き渡しを検討」(『時事通信』)と、妹への引き渡しが確定しているかのように報じられています。わたしたちは、そのような事実を知りません。

 

 逆に、7月9日、東京拘置所から父の弁護人に対し、

 

「東拘は,親族間で解決するまで遺骨をお預かりします」

 

 とお話がありました。

 

 父の弁護人から代理人のかたにご連絡していますが、お返事はいただけでおりません。

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 15:37
comments(39), -, -

いま家族としてお願いしたいこと――死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって


 

 オウム真理教の教祖である松本智津夫の三女、松本麗華です。

 オウム真理教による一連の事件の被害に遭われた方に対し、心よりご冥福をお祈りし、また謹んでお見舞いを申し上げます。

 

 父は2018(平成30)年7月6日に処刑されました。この事実をわたくしも、そして家族もみな、厳粛に受け止めております。

 

 父が逮捕されてからの23年間、ただのひと言も父と話ができなかったことが、残念でなりません。面会が許されなくなってからも、10年以上、毎月一度は面会を申し込み続けてきました。事件を起こしたなら、それはなぜなのか。被害に遭われた方に対して心は痛まないのかなど、聞きたいことがたくさんありました。家族のこと、自分自身のこと、父を批判すべきこと、わたくしがなしえたかもしれないことも含めて、話したいこともたくさんありました。
  それでも、父は逝きました。ご批判を受けるかもしれませんが、今はただ、家族だけで静かに父の死を悼むことを願っております。

 

 しかしながら、東京拘置所は、最初は親族間で争いがあるという理由を挙げ、わたくしたちが母を含め、四女以外はただ父の死を家族だけで静かに悼むという同じ願いを持っているとお伝えすると、「本人が(遺体の引取先として)指定した人がいる」という旨おっしゃり、遺体の引き取りはできないとのことでした。能力的に父が意思表示などできるはずがないと申し上げると、今度はそのようなことは言っていないと、言葉をひるがえしています。
  報道によれば、父が指定した相手は、わたしの妹、父にとっては四女の聡香だということになっております。遺言状はありません。何度もおうかがいをしたにもかかわらず、東京拘置所は7月9日現在にいたるまで、父が指定した相手が四女だということを、わたしたちには話をしてくださいませんでした。
  わたし自身は、父が四女を遺体の引取先として指定したという話について、父が東京拘置所の職員と意思疎通ができなかったという客観的な事実からも、作られた話ではないかと感じております。
  これまで複数の精神科医が父と面接した上で、コミュニケーションがほぼ不可能で、外的刺激に反応することができない「昏迷」の状態にあると判断しています。最近、東京拘置所が提示した書類を見ても、弁護人が拘置所の職員と会話をしたときの話からしても、拘置所の職員と父は意思疎通ができていません。父が受け取り先を指定することは、能力的にも不可能です。
  また、父が長子でもなく、あるいは父の介助を身近で行っていた長女やわたし、姉の宇未でもなく、長年連れ添った妻である母でもなく、四女を指定するということは考えにくいことです。
  聡香は両親と縁を切りたいとして、2017年11月に記者会見を開いて訴えています。そのような聡香自身の立場や心情を考えても、今回の「指定」には疑問が残ります。また母は、聡香を含めて、家族みなで父の死を悼むことを願っています。

 

 一昨日7月7日、担当弁護士による数度にわたる交渉の甲斐あって、母、長男、二男、二女、三女5人の家族は父の遺体と短い時間、面会をして参りました。
  翌日、電話で、拘置所の職員から遺体をわたしたちには渡すことができない、と告げられました。なぜなのか理由は聞かされませんでしたが、揺るがぬ決定事項という口ぶりでしたので、大きな抵抗感がありましたが、遺骨であるなら引き渡していただけるのか、遺骨すべてが無理ならせめて分骨だけでもとお願いしました。わたしたち家族は父を弔うために、遺体がかなわないならせめて遺骨の一部でも分骨していただきたいと考えたのです。
  その後、再度父の遺体と対面し、東京拘置所には家族は遺体で引き渡して欲しいと望んでいること、火葬を受け入れているわけではないこと、拘置所の判断で火葬をする場合は、せめて遺骨が欲しい、遺骨がだめならば分骨でもとお願いをしました。拘置所側は、指定人がいるという話や、遺骨は拘置所で預からせて欲しい旨、言っていました。
  帰宅したのち、今朝7月9日朝の報道で、わたしたちが四女への遺体の引き渡しに同意したとされていること、法務省がわれわれ家族に連絡がないままにその引き渡しを決定したとしていること、家族全員が父の遺体の火葬に同意したということ等々の文言を目にし、事実とのあまりの違いに驚きました。昨日も含め、父の遺体や遺骨に関してわたしたちが尋ねたことに関する拘置所の刑務官の返答は二転三転していました。父が行ったという「指定」についてもまた同様です。そして昨日の面会後、拘置所からわたしたち家族に対していっさいの連絡がないまま、今朝のさまざまな報道を目にした次第です。
  拘置所とのやりとりなどの詳細については追ってまた別の形でご報告いたしますが、そもそも規則上、遺体の引き取りについては執行後に電話でその事実の報告を受けた、父の配偶者である母が意向を示すことができるはずです。また、そもそも父の遺体、遺骨の引き渡しに関しても、家族間の争いなどは生じておりません。
  家族として、執行後現在にいたるまでの経緯について、正確な情報公開を切に願っています。

 

 報道では、父の遺体や遺骨の利用についてさまざまに報じられておりますが、父を宗教的・政治的に利用することは家族として決してできませんし、万が一、その動きがあったとしても家族が決して利用させないことをお約束します。また、わたしは以前から申し上げている通り、オウム真理教から派生したいかなる団体とも関係しておらず、派生団体には解散をしてもらいたいと考えていることを、あわせてお伝えいたします。何卒、ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

 

2018年7月9日正午(松本麗華)

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 13:54
comments(212), -, -

早稲田大学人物研究会 7月企画「教育と人権」

 

 

  早稲田大学の人物研究会の主催で、講演会を行うことになりました。

 

 以下、人物研究会の紹介の内容です。

 

【人物研究会7月企画】

 

日時:7月4日(水) 18時30分〜20時(開場18時15分)
場所:早稲田大学本部キャンパス15号館401教室

 

第1部の講演会では松本さんの生い立ちについて、第2部では松本さんの大学入学拒否問題について、事前に回収したアンケートをもとに当会の学生と話し合います。

 

ご予約はpeatixより URL

 

 


 教育を受けさせなかったことが、差別したことがおかしいというだけでは議論が進まないので、みんなで自分なら受け入れるかどうか話し合いたいと提案して実現した企画です。

 

 いま同じような入学受け入れの問題が生じたとき、自分はどうするか。何ができるのか。

 

 そんなことが議論できればいいなと思っています。

 

 学生以外も参加できるそうです。

 

 ぜひご来場ください。

 

※主催者のルールに従えないと判断した場合は、入場をお断りすることがあるようです。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:イベント, 21:09
comments(116), -, -