今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

判決はわたしをアレフ幹部としていません(2019年6月25日 公安調査庁を訴えていた裁判の判決について共同通信が行った誤導報道について)

 

 

 去る6月25日、公安調査庁がわたしをアレフの幹部だと虚偽の主張をした件につき、公安調査庁を訴えていた裁判の判決がありました。結論だけ述べると211ページの敗訴判決でした。

 わたしはアレフから「悪魔」や「気が狂っている」人間として扱われており、公安調査庁の主張は、現実を完全に無視したものでした。なお、現在は公安調査庁もわたしをアレフの幹部だという主張は行っておりません。

 

 この判決につき、当事者であるわたしには何ら取材をしないまま共同通信は「松本智津夫元死刑囚の三女が敗訴 オウム幹部認定取り消さず」(共同通信)と、あたかも公安調査庁の虚偽の「認定」が正しかったと誤導するようなタイトルをつけて報じました。この共同通信の記事は、地方紙の多くに掲載されました。

 

 実は、この判決において、公安調査庁の「認定」が正しいという判断は行われていません。

 

 

 わたしは、公安調査庁の行った幹部「認定」について、取り消しを求めた行政訴訟――取消訴訟を起こしていました。そこで、裁判所は幹部認定が「行政処分」にはあたらず、従って取消訴訟の対象とならないと判断したのです。

 そのことは、判決文を読めば明らかです。

 

 この判決は「処分とは,公権力の主体たる国又は公共団体が行う行為のうち,その行為によって直接国民の権利義務を形成し又はその範囲を確定することが法律上認められているものをいう」(判決15ページ)とし、これを前提として、「幹部認定」は、「当該行為により直接原告の権利義務を形成し又はその範囲を確定する効果を有するとはいえない」(判決16ページ)としたのです。

 

 

 お読みいただければわかりますが、裁判所がかつて公安調査庁が虚偽主張した「幹部認定」を事実として扱い、「幹部認定」を取り消さなかったということはないのです。

 

 すなわち、裁判所は公安調査庁が行ったわたしが「幹部」であるという主張を正しいと認めていないことをここで明らかにしておきたいと思います。

 

 以上から、当事者に取材もせず、何の説明もなく「幹部認定を取り消さず」と誤導するような見出しを書いた共同通信に対し、誤った見出しであったこと、及びこのような見出しをつけた理由について説明を掲載することを求めます。

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他, 12:41
comments(10), -, -

母との関係

 


 今日は、わたしと母との関係について記事を書かせていただこうと思います。

 2018年7月9日にアップしたブログの記事、「いま家族としてお願いしたいこと――死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって」に、母との関係を問うコメントをいただいていました。
 

 お答えしようと思いながらも、父が逝ったことによる喪失感や心の傷などからずっと書けずにおりました。遅くなりましたが、お返事を書かせていただきます。

 

 

 まずは、いくつもいただいたコメントの内、一つわかりやすいものを抜粋させていただきます。

 

 

「──ご家族でアレフに関わりを持ち続けている方もいますよね?
   以前、朝日新聞記者との対談で以下のように御答えになっていますよね。
   『私がもう、母たちと関わっていないので(略)』

 

 このように仰っていた麗華さんがなぜ今はアレフと関わりが強く息子を代表にしたがっているお母様にお父様の遺骨が渡るように主張されているのですか?
     お母様に渡る=アレフに渡り、神格化され利用される
     とお思いになりませんか?

 

     今はアレフに対して何かしらの繋がりがあり、シンパシーを感じていらっしゃるという事でしょうか?

 

     以前の本を出版された頃のコメントとあまりにもかけ離れた行動をされているので、質問させて頂きました。」

 


 いただいたコメントに直接お返事させていただくと次のようになります。第1に、「今はアレフと関わりが強く息子を代表にしたがっているお母様にお父様の遺骨がわたるように主張している」ことはありません。第2に「今はアレフに対して何かしらのつながりがあり、シンパシーを感じて」いることはありません。
 

 わたしは現在もAlephと裁判で争っており、Alephが行った事実の改変等によって提出された「証拠」や、また、虚偽の事実を記載した陳述書に苦しめられています。このようなAlephとの関係からも、現在私がアレフに遺骨がわたることやアレフに対しシンパシーを感じることなどあるはずがありません。むしろ、Alephから被害を受けた当事者として、今後も不条理に対し闘っていかねばならないと考えておりますし、解散してほしいと思っています。これが現在の率直な気持ちです。

 

 

 これまでにもご説明させていただいておりますが、2018年7月に父が亡くなるまで、わたしは母と連絡を取ることもできませんでした。電話をしても、直接訪ねても、反応がまるでない状態でした。

 

 一方で、『止まった時計』を書いて以降も、裁判資料などから、母がいかにわたしを道具として利用していたのかが次々と明らかになりました。わたしの言葉が一言一句に至るまで創作され、わたしからの伝言として人に伝えられたケースまでありました。
 もう二度と、母と会うことはないのだろう。そう思っていたわたしが母と再会したのは、父が亡くなったあとのことです。

 

 細かい経緯は省きますが、父のためにずっと闘ってきたからでしょうか。父が亡くなった後、わたしや姉の宇未は父と会えずにいました。そんな中、父の弁護人が母と話をしてくださったようで、わたしは姉の宇未や上の弟だけでなく、母と下の弟とも一緒に東京拘置所に行くことになりました。
 今まで無視していた母がわたしたちとの関係をどのように考えていたのかはわかりませんが、母は家族全員で父を悼みたいという意思を示してくれており、肉親を亡くした遺族として、教団など関係なく、ただ家族だけで静かに父を悼むのだと、わたしはそう理解しました。
 ただ、今思うと、父との対面をかたくなに拒否する東京拘置所に対し、松井武先生が東京拘置所と粘り強く折衝を続けてくださらなかったら、家族は父との対面を果たせなかったのではないかと感じております。10年以上父と家族や弁護人を面会させず、父を人目に触れさせなかったことからもわかりますが、拘置所は父を人目に触れさせたがっていませんでした。
 松井先生が多くの時間をかけ交渉を続けてくださったことで、東京拘置所は子どものだけの面会を許可することはできないが、母が同行したら父との対面を許可するという条件をようやく出してきたのです。
 東京拘置所の対応に法的裏付けがなかったことはここではおきますが、いずれにせよ、母と下の弟も、松井先生がいらっしゃらなければ、またわたしたちと同行しなければ、父とは対面できなかったのではないかと思っております。

 東京拘置所には父を遺体のままでは渡せない事情があったようです。家族の意見が一致していないからと、引き渡しを拒もうとしました。母とわたしたちの意見が違うはずだと、対立をあおろうとしたのです。

 

 

 そのため、わたしたち家族は考え方の違いはあるものの、父を悼むという一点について一致団結しようとしました。しかし、拘置所は家族に遺体を絶対に渡さない、自分たちの手で父を焼くという強い決意を最初から持っていたように思います。拘置所はわたしたち家族の同意がないまま父の火葬を強行してしまいました。

 

 ところで、わたしが以前ブログの記事として書いた、「いま家族としてお願いしたいこと――死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって」という記事は、母も次弟にも見せています。わたしの名前で出す記事だということで、反対もされませんでした。
 そのため、わたしは、その後も父に関しては、母や弟と連絡を取り、家族としてできることをやっていくのだと思っていました。

 

 また、母とは、父を失った喪失感を共有できるのではないかと淡い期待も抱いていました。結局、生涯で12歳までしか父と過ごせなかったわたしは、母から父のことを聞きたかったのです。父が母から見て、どういう人だったのか。なぜ結婚したのか、結婚後のこと、教団をなぜ作ったのか、事件のことなど母からも聞きたいことはたくさんありました。
 数日しか母と顔を合わせることはできませんでしたが、その中で少しだけ父の昔話を聞けて、正直嬉しく感じました。
 亡き父と過ごせたのは本当に短い時間でしたが、それでも顔を見られてよかったです。そのことについて、母に感謝しています。母がはじめて母親らしい顔をみせてくれたとさえ感じました。

 

 しかし、理由は定かにわからないものの、火葬後少ししてから、母や次弟と再び連絡を取ることができなくなりました。そのため現在は母や弟の真意を確かめることができません。父を悼むということに関しても、現在、母たちがどう考えているのかもわかりません。

 

 上記のような状態になり、すでにかなりの日数が経っていますので、わたしは自分の思いに従って様々なことに当たっていくことにいたしました。

 

 

 わたしは家族として、娘として、ただ一人の実の父を悼みたいと考えています。

 

 公安調査庁が平成31年1月に発行した「内外情勢の回顧と展望」の「二男の誕生日に際し、複数の施設に370人以上を集め、『生誕祭』を開催する(3月)などして、二男の復帰に向けた機運の醸成を図ってきた」という記述が事実だとしたら、上記のいただいたコメントにあるような懸念が、現実になってしまう可能性があります。

 

 わたしは、Alephをはじめとしたあらゆる団体、「宗教」を騙る人たち、あるいは政治的に父を利用しようとする人たちに、父の遺骨を渡すつもりはありません。もし仮に、家族の誰かがそういう意図を持っているのであれば、明確に反対いたします。

 

 以上が、現在のわたしの考えです。

 

 父は、亡くなってからもなお、東京拘置所から法律的な裏付けもなく、「出所」させてもらえない状態が続いています。

 

 

 わたしは、父にはわたしのお父さんでいてほしかった。父は全盲になっても働けるよう、鍼灸師の資格などを持っていました。鍼灸師などで働いて、オウム真理教をつくらず、家族で一緒にご飯を食べて、その日にあったことをお話しして、ときどきわがままを言っては叱られてという、そんなただの親子でいたかった。逮捕されて、生き別れたくなんかなかった。

 

 今からでも、わたしはお父さんに帰ってきてほしい。

 

 もう死んでしまったけれど、お父さんに「お帰り」「待っていたよ」と、ただただ娘として、父を静かに悼みたいです――。

 

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:その他の記事, 06:52
comments(22), -, -

判決210ページ

 

 


 本日の判決の行政訴訟の方は訴えが却下され、国家賠償請求訴訟の方は訴えが棄却されました。

 

 判決文の合計は210ページでした。

 

 以上ご報告いたします。

 

 

 

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 15:07
comments(5), -, -

コメント欄を承認制にさせていただきます


いつもあたたかいコメント、励ましのお言葉ありがとうございます。

 

くじけそうなとき、つらいとき、皆さまのお言葉に支えられ、今のわたしがあります。

 

また、多くの方のご意見をいただき、気づかされること、考えること、たくさんありました。

 

しかし、明らかにブログやコメント欄の「あらし」を目的としている方たちがおり、一つのブログの記事に、「あらし」と判断せざるを得ないのコメントが500件以上入ることもある状態となってしまいました。
同じ方が名前を変え、他人を装って「あらし」を援護、助長している例も見られます。
また、ブログの記事と関係のないコメントを連続で投稿される方もおられ、投稿を控えるようお願いしても、おさまらない状況です。

 

「あらし」により、ブログの閲覧をされる方、コメントをされる方にもご迷惑をおかけしており、対策を取らねばと思っておりました。

 

コメントをされる方への誹謗中傷や、名誉を毀損、プライバシー権の侵害に関係する内容もあり、時間を見つけては削除をして参りましたが、残念ながら、これ以上ブログのコメント欄を公開していることは難しいという判断に至りました。

 

今後、ブログのコメント欄は承認制にさせていただきます。広く言論を闘わせられる場所、さまざまな意見が出る場所とて公開のコメント欄を維持したかったので、残念でなりません。

 

気力がないとき、忙しくて時間が取れないとき、コメントをブログに反映させるのに、お時間をいただくことがあると思います。そんなときは、どうぞ気長に待ってくださると幸いです。

 

 

今までコメントをくださった方々、ありがとうございます。
承認制とはなりますが、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:お知らせ, 00:43
comments(26), -, -

妹(四女)の申し立てた審判における不当な認定を違法だと訴えた裁判の判決について

(被告は国ですが問題としたのは横浜家裁の審判です。以下ではわかりやすいように横浜家裁といいます)

 

この記事は少し長いので、お時間がない方は太字の部分だけお読み下さい。

 

2019年3月26日、東京地方裁判所にて、わたしが横浜家裁を訴えていた裁判の判決がありました。

 

この裁判を起こした経緯をご説明いたします。

 

2017年10月31日、わたしの妹であり、父の四女(以下、妹と言います)が申し立てていた、両親を推定相続人から廃除する審判が横浜家庭裁判所で下されました(この内容は、四女の代理人弁護士のWEBサイトに未だ掲載されたままになっています)。

 

民法では虐待、重大な侮辱、著しい非行などがあった場合、相続人は推定相続人を廃除できると規定しています。

 

法律上確保された最低限度の財産(遺留分)を相続できる人は"推定相続人"と呼ばれ、親や配偶者、子供、代襲相続する孫などがそれにあたります。兄弟姉妹には遺留分がないため、推定相続人廃除の対象とはなりません。遺言書で、「兄弟には相続させない」と一筆書くだけで事足ります。

 

ところがなぜか妹は、わたしが妹に対して暴力を振るうなどしたため家出をしたと主張し、横浜家裁は推定相続人でもなんでもない、裁判と関係ないわたしに対し、調査や問い合わせさえ行うことなく、妹に対して暴力を振るったと認定をしてしまったのです。

しかも、妹は審判の決定が出たあと記者会見を行い、わたしに熱湯風呂で殺されかかり、命を落としていても不思議ではなかったということまで述べました。また妹の代理人となった弁護士は、わたしが暴力行為を行ったという「認定」も書かれた、本来非公開であるはずの家庭裁判所の審判書をブログにアップし、家裁が認定したと主張しました。

 

かくして、わたしは、妹を虐待したんだね、妹まで殺そうとしたのか、やっぱり嘘つきだなどと非難を浴びることになりました。

 

思い返せば、妹が何かを語ると、わたしには確認さえしてもらえずに、彼女が語った通りのレッテルを貼られるということを繰り返されてきました。そのたびに悲しく、つらい思いをしていきましたが、今度は家裁までもが意見を述べる機会さえ与えずに、妹の供述のみで認定してしまったのです。
妹が主張したことは事実ではありません。妹の証言が虚偽であることは、当時わたしと妹が一緒に住んでおらず、妹の主張する暴力が家出の原因となり得なかったなど、生活状況等を見ても明らかでした。

 

父の娘として同じように苦労してきたはずの妹はなぜ、わたしをこのように追い詰めるのだろう。どうして、妹がいうことは確認すらされず、「事実」とされてしまうのだろうかと、気力が尽きそうになりました。

 

それでもわたしが今生きていられるのは、松井先生をはじめとして、わたしを励まし、応援し、支えて下さった方々がいるからです。姉や弟にも支えられ、助けられてきました。死にたいと思ったとき、今まで支えて下さった方たちの顔を思い出し、わたしが懸命に生きることこそがご恩返しになると思い、最後の一線を越えずにここまで生きてきました。

 

しかし、今後も同じようなことを繰り返されては、わたしの生きる道はさらに狭められてしまいます。なんとか生きようと思っても、いつか力つきてしまうでしょう。
このような理由でわたしは、東京地方裁判所に、横浜家裁が行った認定は違法であるとして、国家賠償請求訴訟を起こしました。

 

その判決が、3月26日にありました。

 

1時10分すぎ、三名の裁判官が入廷してこられ、着席されました。

 

裁判長が、
「原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。以上です」
とわたしの顔を見ながらおっしゃいました。時間にして20秒ぐらいだったでしょうか。傍聴人の退廷がはじまる中、わたしは呆然と裁判長の顔を見ていました。
やはり棄却なのか……。裁判長はなぜわたしの顔をじっと見つめて、判決を読み上げたのだろう。判決内容が気になりました。
閉廷後、松井先生が裁判所から受け取った判決文を一読され、「当裁判所の判断というところから、読んでみて」とわたしに判決文を渡されました。判決は全体でも5ページと、短いものです。

 

わたしが負けた理由は、〜蠡廓兔の審判において、第三者に関する事実を認定する場合に、当該第三者に対し意見を述べる機会を与えねばならないという規定が存在しないこと。したがって、裁判官の裁量の問題となること、判例が国家賠償法上裁判官の行為が「違法」となる要件として挙げている、裁判官が違法もしくは不当な目的を持って権限を行使し、または権限の行使がはなはだしく不当であったということはいえないこと。

 

 の2点でした。


△亡悗靴討蓮代理人の松井先生が、民事訴訟法のご高名な学者である竹下守夫先生の国賠法上「違法」となるためには「非常識な過誤を犯した場合も含まれる」(「裁判官の職務行為と国家賠償責任」『私法判例リマークス1997年(上)』112頁以下 )という見解を引用して訴えて下さいましたが、独自の見解とされてしまい退けられてしまいました。非常に残念です。

 

 

日本では、裁判所は裁判官の行為についての国賠の請求を認めることはほとんどないと聞いたことがあります。

 

しかし、わたしの裁判を行った裁判所は事実に関し、次のように判断しました。
「証拠(甲1、11、17、原告本人)及び弁論の全趣旨によれば、本件審判書の作成に当たり、担当裁判官らは、原告に対する事実確認を行わないまま、同審判事件の申立人である四女が提出した証拠に基づき、本件審判書に、原告が四女に暴力を振るったとの事実を認定した事実が認められ、これにより多大な精神的苦痛を被った原告の心情は理解できないではない」(判決書4ページ)

 

東京地裁は、横浜家裁がわたしに対し事実確認を行わないまま、妹の供述のみで、わたしの暴力行為を認定したとはっきりと書いてくださっていたのです。その上で、わたしが多大な精神的な苦痛を被ったという心情にまで、思いを馳せてくださったのです(松井先生からいくつか問題点を伺っていますがここではこれには触れずにおきます)。

 

わたしの訴えは、棄却されました。でも、今回の判決は、裁判所に絶望しかけていたわたしにとって、一条の希望となりました。
近年、判決で証拠を無視されたり、証拠に書いてあることと真逆のことを認定されたり、わたし本人が何もしていなくてもまわりがそう思っているから仕方がないとか、名誉はすでに失墜しているから今さら名誉毀損にはならないなどという判決が続いていたため、裁判所には絶望しかけていたのです。

 

この判決があれば、妹や代理人の弁護士に、横浜家裁がわたしの暴力行為を認定したとこれ以上利用されずにすむでしょう。それだけでも、わたしの心の重荷が一つ消えます。

 

この事案がどれほどわたしの心の重荷になっていたのか、判決が出てやっと理解できました。この判決が出てから、わたしは少し動けるようになり、このようにブログ記事も書くこともできました。

 

今回わたしの裁判を担当してくださった裁判官の方々、書記官の方々にお礼を申し上げます。

 

また、具合が悪いときはメールのお返事も出せず、なかなか陳述書も書けず、ご迷惑をおかけしているにもかかわらず、ずっとわたしを支え続けてくださっている松井先生に本当に感謝しています。

 

最後に、遠方からの方も含め、傍聴に来て下さった方々、わたしを応援し支えてきてくださった方々に感謝いたします。ありがとうございました。

 

一人ではとても耐えられないこの孤独と逆境を、皆さまの支えでなんとかここまで生きてくることができました。ありがとうございます。わたしはわたしを守るために何も持ち合わせていません。だから、司法にその判断を求めるしかないと思っています。あきらめずに、自分の人生を取り戻すために、一つ一つ不条理に対し解決を求めていきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

投稿者:松本麗華, カテゴリ:-, 22:09
comments(97), -, -