今までの経緯   |   父が全盲であることについて   |   わたしの願い   |  RSS | ATOM | 検索

 安納芋祭り〜 絶品です!


 寒暖差が激しい季節ですね。皆さん、体調など崩されていないでしょうか。

 わたしは安納芋のいただきすぎか、胃腸の調子を崩してしまっていたのですが、少し復活しました(´∀`)。


 ふるさと納税で頼んでいた安納芋が、先日やっと届きました。

 スーパーに行ってサツマイモや安納芋を見る度に「買いたいなー」「いや、ふるさと納税が届くまでの我慢」と葛藤しながら待っていました。いや〜、きれいなお芋ですね。新聞紙の下には、この二倍以上入っていました。待ち続けた甲斐があったなぁ〜。




 さっそく焼き芋に。

 こんな感じでできあがりました。




 一緒に届いた説明書に、「加熱直後よりも、完全に冷まして(人肌位まで)いただくと糖度、適度な水分(蜜)が出てきてびっくりするほとクリーミーになります」と書いてあったので、冷えるまでじっと我慢。

  折ってみると、見ため普通の焼き芋とは違って、水分が多いように見えます。これが「蜜」なんですね。




 では、いただきます。
 ん! 確かに! とてもクリーミー。普通の焼き芋だと繊維を感じますが、これはまったくありません。甘みは十分すぎるほどですが、自然で美味しい。上等なスイーツですね。ちょっと小さめのサイズだったので、今日は二本いただきました。満足です。

 説明書には、天ぷらとスイートポテトのレシピが載っていました。どんな料理にも合いそうです。

 次は何にしようかな……。




 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:料理, 15:49
comments(6), -, -

料理は創造だ!!

今日は冷凍食品半額の日。ということで、大事にとっておいた魚介を使用♪

中華風あんかけのスパゲッティ

パプリカは生で食べようと思っていたが、身体が冷えているのでスープに投入。

解凍魚介ミックスは、ショウガと油で軽く炒め、日本酒で蒸した(本当はワインがいいのかな? あれ、でも中華だよね……)。

その後、取り除いて野菜スープを製作。魚介はお酒で蒸すと臭みもとれぷりぷりになる〜(*^^)。

「何という料理なのか、名前もつけられないほど不思議系」という声もあったが、スル〜。

美味しければ問題なしっ!!


料理 アーチャリー ブログ
副菜は大根蒸しに甘味噌とごま豆腐。


が、しかし、味が薄かった。が〜ん。

人気があるものを作れば、減りが早く、まずいものを作れば減りが遅い。人間の当然の心理。今日は減りが早かった。

ま、つまり、美味しかったということだな(^▽^)。

結果オーライ!!


――夕食にまつわる日記でしたm(_ _)m。



追記:
なぜわたしが「アーチャリー」という名前を併記するのか、なぜ父親を松本智津夫ではなく、麻原彰晃と表現するのかについて、次のブログの記事を書いています。
疑問に思った方、もう少々お待ち下さい。


 
投稿者:松本麗華, カテゴリ:料理, 21:19
comments(12), -, -