鈴木邦男生誕100周年祭に行って来ました(1)

鈴木邦男生誕100周年祭に行って来ました(1)

 もうすぐでお盆ですね。わたしは帰省するところがないので、仕事に勉強にと邁進する予定です。お盆はどこも混んでいるので、家にこもっているのが一番!! かなと思っています\(^O^)/。
 皆さんは、お盆休みはどのように過ごされる予定ですか。よいお盆になるといいですね!! 熱中症に気をつけながら、有意義なお盆をお過ごしくださいませ。
 さて、初めての大型イベント、8月2日は鈴木邦男さんの生誕100周年祭でした。鈴木さんは今年72歳になられたのですが、四捨五入ということで、毎年100周年をしているようです。椎野さんに冗談で、「麗華さんなら、誕生0周年祭ですね」と言われました。
 阿佐ヶ谷駅に着き、
 商店街を発見。
 あらかじめ目印にしていたローソンは分かったのですが、肝心な会場の阿佐ヶ谷ロフトを発見できず、右往左往……。かわいいキャラクターが浮いているなぁと思いながら、 ロフト、ロフトと探しても見つかりません。
 間に合わないかもー!! と焦っていると、見覚えのあるお顔が。武田砂鉄さんがさわやかに手を振ってくださっているではありませんか。緊張していたのですが、砂鉄さんのお顔を拝見したら、力が抜けました。ちょっとゆるキャラ系でしょうか?
 砂鉄さんについて会場に入ろうと思ったら、地下へ行く階段には結構な列ができているではないですか! 暑いのに、お客さんが並んでくださっていたようです。わたしを含むイベントの第一部に出演するメンバーは12時集合、つまりトークイベント開始時刻13時の1時間前だったので、びっくりでした(*⌒▽⌒*)。
 会を仕切られている椎野企画・椎野礼仁さんや、第1部MCの砂鉄さん、同じく登壇者の女優のあべあゆみさん、山口祐二?さんと挨拶。ところが、主役の鈴木さんがお見えになりません。早めに行動される鈴木さんなので、心配しましたが12:50には到着され、ほっと一息でした。
鈴木さんもブログに書かれています。 クリック!
 予定通り、13:00ごろに開演となりました。
 「じゃあ、そろそろ上がってください」と椎野さん。え?え? だいじょうぶかなと、またまた緊張してきますが、言われるまま舞台に行きました。おお、舞台は掘りごたつのようになっているではありませんか。お客さんの方を見ると、ちらほらと以前のイベントに来てくださった方々のお顔が――ほっとしました。
(つづく)
 

鈴木邦男生誕100周年祭に行って来ました(1)」への5件のフィードバック

  1. 対話の冒頭で、途方もない境涯に置かれながらもしなやかさとまっすぐさを失わず、そしてお父さんへの心情/真情を素直に吐露される麗華さんの人柄について、深く感銘を受けたことを鈴木邦男さんが語られていました。

    生誕祭第一部は麗華さんと「止まった時計」の話題が中心でしたね(^-^)

    武田さんの尽きることのない質問に淀みなく答える麗華さんの姿と声と言葉に、会場の皆さんも登壇者の方々も鈴木邦男さんも!熱心に耳を傾けていて、多くの人々が麗華さんの話を聞くこと、麗華さんと触れ合うことを欲し、また社会も松本麗華という一人の女性の経験と優しさと勇気と智恵を必要としていることをひしひしと感じました。

    あの日ロフトが満員になったのは、やはり麗華さん人気!でしょうね(*^_^*)

    鈴木さんも御自身のブログで詳細に丁寧に当日の模様を報告してくださっています。

    麗華さんは鈴木さんに誕生日プレゼントを渡されてましたね。

    僕も鈴木さんにプレゼントをお渡ししましたよ(^^)v

  2. 僕はオウマーやってて、麻原を非難したり、お笑いのネタにしたりしていた。それでも、麻原の子供を攻撃するのは問題大アリだと思っていた。
    僕はとんでもない父親を持つ哀れな子供達だと思っていた。「 アーチャリー正大師 」だった麗華さんも同様。
    麗華さんの話を聞いていると、「 麻原がとんでもない父親だった 」ではないのかなとも思う。
    少なくとも「 麻原がモンスターで、オウム事件のすべての元凶 」は絶対に違っている。

  3. 阿佐ヶ谷ロフトは商店街のど真ん中で、小さな看板が出ていただけでしたから見つけづらかったですね。
    麗華さんが階段を下りてきた時は驚きました。
    もっと早くに入っていると思ってましたから。
    対話中は麗華さんに注目していましたが、表情や言葉、ふるまいなど優しい性格がにじみ出ていることになぜか安心感をおぼえました。
    アルコールを飲めるということだったので、2部はほとんど酔ってしまい内容をおぼえていないです(笑)
    ただ、女性の裸は無くても良かったのではないかと思いました。
    100周年祭を終え、私事ですが地元のビアガーデンに行き、その後カラオケへ。
    次の日はすっかり2日酔いのどうしようもない状態でした。

  4. 私も1時間以上前に着いたのですが、「1番かな?」ぐらいに思ってたら狭い階段に人がたくさん並んでいてビックリしました。しばらくしたらキターー!りかちゃん到着(≧∇≦)b
    前売りはソールドアウト、当日は立ち見の人もいて、やっぱりこれはりかちゃん目当ての人が結構居たのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です