日弁連に関して

日弁連に関して

コメント下さった皆さん、そして見守って下さっている皆さん、本当に感謝いたします。
実は日弁連の通知をアップしても、「アーチャリーが相手なら当然だよ」という声が多いのではないかと思っていたのですが、皆さんから「それではどこに救済を申し立てたらいいのか?」というご意見を多くいただき、ほっといたしました。
日弁連からの「返事」はたったの二行半でした。わたしという人間に三行半(みくだりはん)を突きつけられたように感じられました。
わたしという人間は人権救済では取り扱えないのだと受け取ったのです。
あの通知文だけではわからないことばかりなので、日弁連にくわしく問い合わせをしてみようと考えています。
 

日弁連に関して」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。

    まだ、文字打つのとか慣れていないので、おまけに、口ベタなので(?)、変な文字の並びになっているのとか思われますけれど、一生懸命 打ちます。o(^-^)o

    麗華さんが、公安調査庁からの「アレフの幹部認定」にされている事、

    アレフ団体からの 「悪魔」と呼ばれている事、

    日弁連さんの事など、

    麗華さんが、如何に公安から、そのような「名称」を付けられようと、

    アレフ団体から、そのような「名称」を付けられようと、

    日弁連さんや、マスコミや、世間が何と言おうと、思おうと、

    そんなものは、単なる「名目」だけのもので、何ら意味を成さないもの。

    麗華さんは、「アーチャリーではなく、松本麗華として生きる」「単なる人間として生きたい」と自ら決断したのだから、

    どんな名前、どんなあだ名を付けられようと、

    一人の人間の「松本麗華」として生きて、自分自身のスタイルで、カッコいい女性として、長生きして欲しいです。

    「プライド」や「見栄」などで凝り固まった世間の人に対し、そんなカッコいい麗華さんを見せつけてやって下さい。

    それでも麗華さんは、カウンセラーだし、誰の事も悪く言わない素敵な人間性を、お持ちだと思いますので、

    徐々にでも、世間の人の感情を、逆に「笑顔」に変えれるように、麗華さんのスタイルを大事にして、これからも生きて下さい。

    その一つ一つが、きっかけとなって、犯罪も、戦争も起きない世の中になって、事件事故自殺など、誰も死者の出る事の無い素敵な世の中になってくれたらいいな、と感じております。

    これからも、麗華さんにとって、辛い事、悲しい事、嬉しい事、楽しい事、いろんな事があると思います。

    頑張って、闘い続けて下さい。

    「生まれてきて良かった」と言える、悔いのない人生を「まっすぐ」に生きて下さい。

    そんなあなたの頑張りが、世の中の人のの生きる元気にも、つながるはず。

    僕の生きる元気にもつながります。

    長くなりまして、スミマセン。(^^)

    またお便りしますね。

  2. 北朝鮮を考える、

    北朝鮮の問題が深刻化している、

    初代の金日成から現在はその孫の3代目、二代目の父親の死後に20代で国のトップに立った、完全に強権の世襲である、

    その祖父や父親に劣らず国内で短期間に相当な数の人間を粛清惨殺している、国の内情を顧みる事無く無謀な核開発を推し進めている、

    その人間性が疑問視問題視されている、
    確かに特殊な境遇とその環境で産まれ育った事は事実である、

    しかし今の3代目が他の同じく30代前半の若者と比べ、その本質的に極端に特殊で残忍な性格であろうか?

    そんな事はなく本質的には普通の何処にでもいる若者に過ぎない、

    何処にでもいる若者がその置かれた地位とその権力により途方もない蛮行をやらかす、

    つまり何処にでもいる若造なりオヤジが絶対的な地位とその権力を手にした時に北朝鮮となる、

    生身の人間が神となり絶対化された典型的な悲劇の国が北朝鮮である、

    生身の人間が天下国家を考え政治を行いその自身の思想を絶対と思い込みそれに異を唱える者を敵と見なし排除抹殺してもそれが正義と信じて疑わない、

    この図式はオウムも同じである、お父さんは世襲で尊師になった訳ではない、
    お父さんは特殊な気質がありその気質から他者を巻き込みそれだけなら単なる宗教家で済んだが、天下国家を考えその自身が絶対とする理想を政治的或は武力的に実現しようとした事の悲劇である、

    お父さんが他の人と比べ特段に悪い訳ではない、人間は誰しも絶対化され神と崇められれば、北朝鮮やオウムと同じ事になる、

    つまりお父さんは人間に過ぎないとの単純な事、

    北朝鮮やオウムの悲劇は金日成やお父さんの問題でなく、人間の問題である、

    重ね重ね進言するが、麗華さんはこれまでのお父さんの主張を改めるべきである、あくまでお父さんは生身の人間であった。

    誰しも将軍様や尊師になれば北朝鮮やオウムを引き起こす。

    誰もお父さんを否定は出来ない、

  3. よく鉄道の在来線で自由席の向かい合いの席で長距離の何時間か乗車する事がある、

    何気なく同じく乗車客を観察していると当然に他の乗客も様々である、通勤の男女の学生やらサラリーマンやら赤ん坊を抱えた母親やら老人やら酔っ払いのオヤジやら色々

    イチイチ回りを気にする乗客はいない、

    しかしそんな車中でその乗り降りして入れ替わる回りの乗客を観ていると、

    仮にこの電車の車内で誰かがサリンを撒いてこの車内の乗客が全て亡くなったらそれは本質的に悪行であり罪なのだろか?と考える事がある、

    確かに人間の社会では紛れもない犯罪であり大きな不幸を引き起こす。

    しかし人間の本質を考えれば、単に身勝手で偽善に満ちて自然を破壊するだけの存在の幾つかが亡くなったに過ぎない、事とも思える、

    個々に良い人や悪い人や善良な人や犯罪者はいても本質的には誰しも人間である以上は身勝手で嘘をつきで偽善に満ちて他者を傷付け強欲な存在に過ぎない、

    ゴキブリに良いゴキブリや悪いゴキブリや善良なゴキブリや犯罪者のゴキブリの違いなどないのと同じである、

    今の北朝鮮も過去のオウムもその人間の世界での惨事に過ぎない、自分がその当事者として関わるか被害者になるか否かの違いである、

    お父さんも麗華さんもその人間の中の一人に過ぎない、

    なので人間であるその麗華さん自身から出るその主張は身勝手で虚偽があり
    偽善な主張である事は必然である、第三者の検証と修正の麗華さんへのその勧告が必要となる、

    麗華さんが、実の父親のお父さんに対する思い入れやその想いでからの愛着は当然であるしその妄想も仕方がない事である、

    しかし今の麗華さんの主張は自身のお父さんに対する自身に都合の良い妄想に他者を巻き込むその主張である、客観的な事実や根拠や整合性など全く無い、

    いつもの北朝鮮の主張と同じである、

    拉致は末端の人間が勝手にやった事でトップは知らないしそんな指示もしていない、

    マレーシアでの暗殺も彼は心臓発作で急死したに過ぎない、北朝鮮は何も関わっていない、

    マレーシア政府と韓国政府の結託した陰謀である、

    北朝鮮のトップは人格者でその様な非人道的な事など指示するわけがない、全てデッチアケだ!

    麗華さんの今の主張はこれと何が違うのでしょう?

    しかし人間であれば誰しもある事です。

    日弁連は麗華さんを認めない訳ではなく麗華さんの主張が認められないだけだと思いますよ、

    重ね重ね進言するが、麗華さんはこれまでのお父さんの主張を改めるべきである、

    お父さんは人間であり人間である以上は誰しも罪人でありその立場や権力で過ちを犯す、

    誰にも当てはまる事です。

    罪の無い人間など何処にも居ません、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です