安心安全の自家製プリン(日記)

安心安全の自家製プリン(日記)

 前回は198円を払い、6時間を失うという結果に終わった。
 わたしの中で、何とも言えない不満が残ったため、自分で作ってリベンジすることに。
 アナフィラキシーショックプリンの材料はブラマンジェの上にカスタードをのせているものと判断し、
 このレシピ→*卵・牛乳・砂糖の3つだけ!絶品プリン*(http://cookpad.com/recipe/3033994)
と、
このレシピ→お家にあるもので・・・ブラマンジェ風?!(http://cookpad.com/recipe/257288)
を拝借。
 プリンを先に蒸し、上からブラマンジェを流し込むという作戦。
 ちょうど、友人と会う約束があるから、差し入れ用にも作ろう。
 卵を最近食べ過ぎているため減らし、甘味は家にある砂糖をいろいろとミックス。とにかくアレンジしないと気がすまないらしい。料理しているときは、なぜか ぴーん!っというひらめきが激しくなる。
 アレンジし過ぎると、レシピ通りのプリンができないぞと自分に言い聞かせながら、作業を続ける。
 次は、ブラマンジェだ。ブラマンジェは作ったことあったっけ? 小さいころ、お世話をしてくれたお姉さんが作ってくれた思い出はある。しかし、自分では作った記憶がない。
 他のレシピと見比べているとどうもこのレシピはコンスターチの量が多い。ということで、コンスターチは少なめにしよう。バニラエッセンスは探したけど見つからないから、リキュールを入れてしまおう。
 ……案の定なのか、固まらない。温度を測ってみると70度。
コーンスターチはもっと高温でないと固まらないのかと思い、焦がさないように温めたが変わらず。ということで、コーンスターチを足すことにした。足すためには液体が必要だ。普通に牛乳に溶いていれたらいいわけだが、アーモンドミルクが冷蔵庫に余っていたのでそれで溶くことにした。入れて加熱するが、あまり変化なし。
 なんやかんややっていると、プリンが蒸し上がった。
 ま、いっか。プリンも蒸し上がったし、とりあえずプリンの上に流し込んじゃえ!!
 あら熱をとり冷蔵へ。へらについたものを見ると固まっている。温度が下がった方がコーンスターチは固まるのかもしれない。
 そして、できあがり〜♪
 綺麗でしょ? 美味しそうだよね?
 断面もご覧ください。 プリンとブラマンジェの断層が分かりますか?
 これは友人たちも驚くぞ。麗華がまともな物を差し入れにもってきたと(ノ´∀`)ノ。わくわく☆彡
 保冷バックを持っていると川田さんが「持つよ」と言ってくれた。感謝。
 「今日は差し入れ持って来たよ〜〜〜!!」とわたしは張り切って言い、取り出してみると――ぐちゃぐちゃであった。
 「柔らかく作りすぎたかなぁ」とわたし。
 「あ、倒したかも」と平然としている川田さん。
 教訓 プリンは差入れには不向き。……なのか?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。