ご参加お待ちしております。 今週末のイベントのお知らせ

ご参加お待ちしております。 今週末のイベントのお知らせ

 22日の「因果と応報?オウムと死刑を考える」にはたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。がらがらだったらどうしようと不安だったのですが、会場に入りきれないぐらいの方にお越しいただきました。
 今週は自分で思っていたよりも疲れたようで、ダウンしています。一気に気温が変わった関係もあるかもしれません。今日、明日と充電します。皆さんは、体調など崩されていませんか。
 今週末は、連続で
 見沢知廉没後十年・高橋京子三回忌追悼公演 『天皇ごっこ〜母と息子の囚人狂時代〜』
 と、
 岡田斗司夫x松本麗華「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」
 の二つのイベントに出席します。
イベントその1
●見沢知廉没後十年・高橋京子三回忌追悼公演 『天皇ごっこ〜母と息子の囚人狂時代〜』
 見沢知廉さんには多数のご著書がありますが、わたしが読んだのは、「囚人狂時代」「調律の帝国」「母と息子の囚人狂時代」の三冊です。リアルな監獄の様子がわかり、今まで深く考えなかった刑罰に大きな疑問を感じるようになりました。「母と息子の囚人狂時代」は親子の絆を感じさせる優しく切ないお話でした。見沢さんが自死を選ばれたことをお母様はどのようにお感じになり、天寿を全うされたのでしょうか。
 公演に寄せられた鈴木さんのコメントをサイトから引用します。
鈴木邦男(一水会顧問・文筆家)
『誰もが作品なのだ』
すごい男だった。すごい母だった。僕には一生わからないような人生を突っ走った見沢知廉。その見沢にぴったりと寄り添い続けた母、高橋京子。ギリシャ悲劇のような母子の情念を間近で見てきた僕は、そのあまりの深さに恐怖すら覚えたものだ。獄中の12 年間、母は一日おきに手紙を書き、毎週のように面会に行った。そんな事、最初の一年二年はできても、12 年間も続けられるものではない。見沢は出所後、母との約束どおり作家となり、次々と本を出した。それを見ながら恐ろしい執念だと思ったものだ。
ドストエフスキーのような男だった。「苦しむこともまた才能の一つである」とドストエフスキーは言ったが、見沢の人生は、その苦しむことの才能を遺憾なく発揮した人生だったのかもしれない。その苦しむことの才能は、見事に文学に結実した。見沢の一挙手一投足が、周りの多くの人の歩みを変えた。僕も変えられた一人だ。見沢が起こしたスパイ粛清事件は、政治運動のあり方を変えた。僕は雑誌「SPA!」にその事件を連載した。彼の死後も影響を与え続けている。劇団再生は、見沢の代表作『天皇ごっこ』から誕生した。大浦信行監督は、見沢知廉の映画を生んだ。作家山平重樹さんは、見沢物語を連載した。母高橋京子は、見沢知廉という作品を残し、見沢知廉は、僕たちという作品を残したのだ。
主催:オフィス再生
日時:8月28日(金)19:30開演
8月29日(土)13:00開演/19:00開演
8月30日(日)14:00開演
※8月29日(土)19:00のみプレトークあり
会場:APOCシアター
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-47-4
チケット:前売・当日共 ¥3000
公演の詳細はこちらをご覧ください
http://www.engeki.ne.jp/office-saisei/2015/07/06/6/
http://apoc-theater.net/events/event/838/
 このイベントでは、8月29日(土)19:00からのプレトークに参加させていただく予定です。鈴木邦男さん、劇団再生・?木尋士さんと「家族愛」についてお話する予定です。
 さて、プレトークのある8月29日夜の公演の前売り券は既に完売したようです。
 数席わたしの知人用に席を用意していただけるとのことですので、観覧したいという方はメールで、こちらのアドレスまでお知らせください。
イベントその2
●岡田斗司夫x松本麗華「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」
開催日:8月30日(日)
開場時間:19:00〜19:45
放送時間:20:00〜21:30(予定)
定員:30人
参加費用:
・観覧チケットのみ ¥2,000
・本付きチケット ¥3,000 −松本麗華著「止まった時計」−
観覧申し込みはこちら
http://peatix.com/event/108634/
こちらはまだチケットが購入できます! 興味をお持ちの方は、ぜひぜひお申し込みくださいね。
ニコニコ生放送で流れます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv231026994
 岡田さんは自由な方のようなので、ざっくばらんに本気の人生相談をしようと考えています。岡田さんからどのようなアドバイスをいただけるかとワクワクしています!!
 

ご参加お待ちしております。 今週末のイベントのお知らせ」への19件のフィードバック

  1. 「天皇ごっこ〜母と息子の囚人狂時代〜」

    プレトークがある8月29日19:00からの回に観劇いたします。チケットは劇場取り置きで予約できました。(^^)v

    45歳。

    この年齢の前後は、“答え”を出し、それに直面する時なのかもしれません。

    見沢知廉氏、三島由紀夫氏の自死。早川紀代秀氏の逮捕。麻原彰晃氏は獄中でまさに“世紀末”を象徴する1999年を迎えました。

    日本の敗戦は20世紀が45年目を迎えた年であり、余談ですが僕の父は1945年に生まれ、1999年に亡くなりました。

    僕は戦後日本の政治風景の中において、果敢に闘ってきた市井の人々に敬意を表します。右派、左派、全共闘、連合赤軍、そしてオウム――。

    しかしながら、それらは大いなる助走であり、大いなる試みであり、大いなる議論であって、最後の、そして最初の跳躍は為されていないと思っています。

    いまだ物語は始まっていないのです――。

    今、大地を蹴って飛翔することができるのか。

    そう、空へと――。

    連合赤軍の浅間山荘事件が起きてからまさに45年。

    生か死か、見沢知廉氏の“作品”としてかつてと同じ道を歩むか、それとも誰でもない自分自身の新しいアートを描くのか――、乾坤一擲、もはや次はない正念場を迎えていることを僕ははっきりと感じています。

    8月30日の岡田斗司夫さんとの対談は、麗華さんの本気の!人生相談――

    「どうすれば私がタブーじゃなくなるのか?」!

    対話からよい答えが、あるいは大切なヒントが生まれるといいですね(^-^)

  2. お忙しそうですねー
    ニコ生観戦させていただきます。
    がんばってー!

  3. 8.29 APOCシアター/プレトーク。

    高木尋士さん「私達が事件とニュースで知っている、あの『麻原彰晃』にもこうして娘さんがいて、当たり前の家族の交流があったと思うと…とても不思議な感じがします」

    鈴木邦男さん「(獄中の)お父さんは、もう壊れちゃってるんですか…?」

    麗華さん「…壊れちゃって…ますね…。でも、その姿の父もとても愛しいです。父というよりもむしろ、息子(子供)のように」

    オウム真理教の特異性は、それが日本社会を「合わせ鏡」のように「お互いに」反映しているところにあると感じています。

    そして麗華さんはその特異性の中のさらに凝縮された特異点です。

    ペンの先程の小さな点ですが、その小さな点がまさに、日本社会の今とこれからの広大な景色を描き出すのです。

    束の間、黄昏の大空へと手を伸ばし――

    母の胎内の赤子のように丸まって、大地に横たわる知廉。

    天井から降り注ぎ、優しく彼を包む真紅の羽のひとひらが、僕の膝の上にそっと舞い降りました。

    「おふくろ、もう一度俺を産んでくれ!」

    「おふくろ、もう一度俺を産んでくれ!」

    「おふくろ、もう一度俺を産んでくれ!」

  4. 怒涛のイベント祭お疲れさまでした。
    乗り切りましたね!(ぱちぱち)
    3日くらい死んだフリしてでも、1回休んでくださいね(ゝω・)
    昨日のニコ生面白かったです。
    結構、素が垣間見えて嬉しかった!
    でも好きな芸能人と言われて「南こうせつさん」は、南さんに申し訳ないですが、吹いてしまいました(∀)

  5. ニコ生見ました!
    岡田さんも言っていたけど、すごく面白くて可愛らしい人なんだなぁと思いました。
    イベントやお仕事大変だと思いますが、影ながら応援しています。
    麗華さんのニコ生やってくれたら絶対みますよぉー!

  6. ニコ生見ましたよ(^-^)

    素のままの麗華ちゃんが可愛いです。
    そのままでいいです。♡

  7. ニコ生見させていただきました。
    ほんと、素の笑顔が見られて良かったです。
    岡田さんへの質問を代わりに答えていましたが、いろんな側面をとらえていたので感心してしまいました。
    洞察力もそなえ、これまでの経験がまさに生きていますね。
    麗華さんの存在は、人には真似ることのできない存在ですから、顔と実名を出しメディアに出だしたことは、これから先もっといろいろな需要と可能性が出てくると思います。
    批判する人もいるかと思いますが、応援する人は多いはず。
    頑張ってくださいね〜(^^)/

  8. 以前、書かさせていただいたんですけど、世界の中心で、愛を叫ぶって、朔太郎にとって亜紀なんですよね。世界が亜紀。「世界の中心はここね!」っていう別アニメのセリフもあるんですけど、あれは父親と母親にとっての世界なんですよね、ここねは。

    世界の中心が亜紀なのではなく、朔太郎と亜紀の立っているその場所が世界の中心。

    その法則性にそって見ていくと、ドラマ版も映画版も”そんなもんじゃねーぞ!”って思うわけですよ。朔太郎にとっての世界は亜紀。
    亜紀が死んで亡くなるってことは私たちでいう地球滅亡に等しい。

    小説の中でも亜紀がいなくなった後の朔太郎の世界は灰色の世界だった。私たちでいう死後の世界のようなものですね。

    朔太郎にとって亜紀のいない世界は意味をなさないものなのです。どこに行こうと同じ。オーストラリアもアフリカも同じ。朔太郎にとっての生きている場所は常に亜紀という景色があるのですね。

    そんな心証風景を持った人なんていねぇーだろと私は今まで思っていたんですが、梨華さんの著書のタイトルが”止まった時計”。本当に誇張でもなんでもなく、梨華さんにとっての父親はそういう存在だったのかなって思うのです。

  9. 麗華さん、元気ですか。
    時々、ブログだけでなくツイッターも拝見させて頂いておりますが、みんな麗華さんに対して温かいコメントばかりでよかったですね。

    色々公表している事で、麗華さんの優しい人柄や気持ちを理解してくれる人が増えているのだと推測できます。

    謎かけで私は「時計が動いている」と解きましたけど、良い意味で本当に時計が動いていると思います。
    色々大変だなと思う事も多いと思いますけど、今麗華さんには多くのサポーターがいる事を忘れないでくださいね。

  10. 麗華さん。こんにちは。
    ニコ生見ましたよ。面白かったです。

    ところで、麗華さんのFacebookが私から
    見れなくなってしまっているんですが、
    どうしてでしょうか。

    私をアクセスブロックされましたか?
    私も麗華さんのFacebookをこれからも
    見たいです。

    見れるようにご配慮よろしくお願い申し上げます。m(__)m

  11. FBはアカウントごと消えてしまったようです。
    時々ある被害みたいですね。。( ;´Д`)

    残念ですが、SNSツールだから仕方ないかもしれないです。何か対策があるといいですね。

    麗華さんのアカウント復興をお待ちしています!
    これからも、よろしくお願いしますm(_ _)m

  12. 麗華さんの止まった時計を拝見致しました。麗華さんのそのあらゆる障害や問題があろうとも一貫した前向きな考えとその行動力に心から敬服致します。

    言うまでもなく麗華さんのその境遇による社会の偏見や差別や人権侵害は麗華さんには何らのその非はありません、単にその父を麻原さんに持ったという境遇のみです。

    その中で麗華さんは現実の社会のその境遇への偏見や差別や人権侵害に対して真っ向からこれと向き合い闘い正当なその権利を掴み取っています。中々出来ない事です。

    そして麗華さんは学ぶという事に一貫して前向きです。とかく世間では高校や大学などは単に最低でも高校卒業やの肩書きが無いと就職やその後の人生に不利で大学卒業の肩書きがあれば有利な就職や世間体の考えから高校や大学に進学するものです、

    その点で麗華さんはその境遇から例え高校や大学の卒業の肩書きがあったとしても通常の会社などへの就職は極めて難しい現実がありながら、またいくつもその入学拒否にあいながら諦めないで高校や大学に進学し卒業されています。

    これはつまり麗華さんは世間の単に就職や世間体の為の進学ではなく、真に何かを学ぶ為の進学であるとの事です。 私などは単に自身の出来の悪さや家庭の事情を理由にして麗華さんの様なその進学を阻む深刻な事情も無いのに中卒に甘んじています。お恥ずかしい限りです。

    私は今後の麗華さんのカウセラーとしてのその活躍に大いに期待をしています。 その時は私のカウセラーとしてよろしくお願い致します。

  13. ニコ生、今更ですが拝見しました

    著書も、やはり今更ですが注文しました

    ほんとうに、応援してます!

  14. こんにちは。度々おじゃまさせてもらっています。

    最近は料理ネタが少ないようですね。

    対談もいいけど、わたしは料理ネタも好きかな。

    あらたな作品(?)ができたら、またよろしくお願いします。

  15. 休眠中のところ失礼いたします。。
    姫、
    そろそろお目覚めください!(合掌)

    (@ ̄ρ ̄@)

  16. 初めまして。初めてコメントさせていただきます。
    TwitterやFacebookで音沙汰が無くなったと聞いて、「もしかして何かあったのか?」と心配になっていましたが、
    最近久しぶりにツイートをされたとの事で、一先ず安心いたしました(普通に考えれば、ツイートもブログ更新も、気ままに好きなタイミングでやれば良い物なんですけどね^^;)
    これから徐々に寒くなりますが、くれぐれもお体を大切に。

  17. まあ麗華さんはそのお父上の麻原さんの娘との境遇が、誤魔化し様のない現実の元凶な事は、事実だと思います。

    しかしその麗華さんの境遇に麗華さん自身は何らの非も責任も全く無い事も明白な事実です。

    それに親子であれその人格や存在はあくまで別です。

    恐らく多くの犯罪者の家族が抱える深刻な問題でもあります。

    しかしそれは犯罪者とのレッテルがその元凶でありその本質とは異なります。
    例えば、今のこの国の最高権力者の祖父はかつて先の戦争の戦前から戦時中にかけて隣の国の半島や大陸で少なくともオウム事件の何十倍もの多くの人を殺し略奪して私腹を肥やし蓄財し戦後はこの国の最高権力者になり、その孫も現在この国の最高権力者になっています。

    世間の見方が麻原さんやその娘の麗華さんとは違うだけで内容は同じかそのこの国の最高権力者のじいさんの方が麻原さんより何十倍も犯罪者です。

    世間や人間社会とはそういう事で単に上手くやれたか、ヘタを売ったかの違いのみですよ、

  18. 麗華さんはお疲れの様ですね?

    そういう時は近くのサウナに行きましょう!泊りの出来るサウナ、大体何処でもありますからね、

    お風呂に入って仮眠室でゆっくりと何も考えないでたっぷりと熟睡しましょう、泊りで三千円位でありますよ、

    人間は何かを考えると大概が悲観的になります。それが現実の不幸になる!人間が将来を考える事はサタンによる仕業どしかありません!

    人間の思考で確かで絶対な事はありません、人間の各々の将来は良くも悪くも誰にも分からないなのです。これは正しく絶対の真理です。

    何を考えても誰の意見も絶対な事は何処にもありません!確実な事は生まれて生きているその現実のみです。

    あくまで確実な事は生まれて生きているその現実だけ、人間の各々の将来は良くも悪くも自身にも誰にも分からない!なので何も考えない事です。何も考えない!良くも悪くも何も考えない!

    なので近くのサウナに行きお風呂に入って体をほぐしてとにかく何も考えないで仮眠室でゆっくり熟睡しましょう、

    確実な事は生まれて生きているこれだけです。

  19. 麗華さんは
    父麻原彰晃を超えると言いました。

    あなたが、そのチカラを最大限に行使し
    教団を「終わらせる」ことです。

    シンパを集め、キズの癒してもらっている場合ではありません。

    父の意思を遂行する気があるなら
    現在のアレフ教団を壊滅させることですよ。
    よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です