後悔

後悔

今思うと、1996年の10月から、父は崩壊を始めていたのだと思います。
にもかかわらず、精神を病み意味の通らぬことをしゃべる父を、一審の裁判官は法廷を侮辱していると主張し、幾度となく退廷させてきました。
その様子を見て、マスコミは詐病だとかき立て父を人格的に陥れました。
父は当時すでに、自分がどこにいて、何をしているか理解するだけの能力は、失っていたでしょう。
なぜ気づいてやれなかったのか。
どうして詐病だと信じ込み、父が壊れていくあいだ手をこまねいてしまったのか。
一審の弁護団に、父の病状を確かめることだってできたはずなのに、どうしてそうしなかったのか。
まだ子どもだったとはいえ、世間の風潮と本当の病気であって欲しくないという娘としての思いから、わたしは父が壊れるのをただ黙って見ていたのです。
父と面会ができなくなってから、すでに5年以上経ちました。
かつて父を心神喪失状態になるまで放置し、わたしは後悔しきれぬほど後悔しました。
今もまた、面会拒否の厚い壁の向こうで、父はただ一人闇に取り残されています。
これ以上、座視していることは、わたしにはできません。
父を鑑定して下さった精神科医の先生方は、治療すれば治る可能性があるとおっしゃって下さいました。
そういった言葉があったにもかかわらず、父は治療も受けられずに、放置されています。
――今、わたしにできること。
それはわたしが見てきた父の真実を、ありのままに公表することだと思います。
いかにレッテルを貼ろうと、父は詐病ではありません。
父は心神喪失の状態にあり、治療を必要としています。
いかに存在しない視力を押しつけても、父が全盲であることは間違いのないことです。
わたしはただ父に治療を施してもらいたい。
父が何も語れなかったことにより、いわゆるオウム事件の真相もわかっていません。
わたしは父自身の口から、何があったのか聞きたいです。
このままでは、真相もわからぬまま事件を風化させてしまうことになります。
それでは、教訓も得られず、似たような事件の再発も防げません。
なぜ父は治療も受けられなかったのか、その真実もわたしは知りたいです。
 

後悔」への3件のフィードバック

  1. 私は麗華さんのお父さんの松本智津夫さんが、仮にその精神が正常化したとしても、お父さんは何も分からないと思います。憑依されていたお父さんは麻原彰晃を表す道具に過ぎず、その麻原彰晃は教団全体だからです。

    現在、一連のオウム事件の真相を知るのは、教団幹部の早川さんか上祐さんか青山元弁護士ではないでしょうか?

    中でも上祐さんはその本の17年目の真実に書かれている内容は麻原彰晃やオウム教団の核心をついていると思います。

    確かに誰が観ても明らかな通り上祐さんは途中で麻原さんを見限り麻原さんを売りましたよね?それは上祐さんの意識としてはこれ以上、狂人の麻原に付き合い自滅に巻き込まれたくないその自己保身だと思います。

    しかし上祐さんが見限り売ったのは麻原彰晃ではなく、松本智津夫さんでありその松本智津夫さんが完全に壊れ麻原彰晃として要を足さない状態での、アーチャリーの麗華さんが未だ幼い事もあり一時的に麻原彰晃は松本智津夫さんから上祐さんに移行しその麻原彰晃が上祐さんを使い教団を守ったのだと思います。

    恐らく上祐さんがいなければ、今のアレフに繋がる教団は存続出来なかった。しかし霊媒の無い上祐さんはその後に要済みになって行った。

    しかしその教団を守った上祐さんの能力は秀でた才能があり、教団を守る上での公安との司法取引上、教団の実態は全て知っていたと思います。

    なので麗華さんが一連の真相を知りたければ、その上祐さんかオウム教団顧問弁護士であった青山さんに聞く方が現実的でしょうね、しかし松本智津夫さんを見切っても未だに麻原彰晃に憑依され麻原批判は実際には途中で壊れてしまった松本智津夫の批判でしかない上祐さんが真相を麗華さんに言うとは思えませんが?それに逆に上祐さんが知らない麗華さんの知る真相もあるでしょうし、

    しかし私は、麗華さんに取って大事なのはもはや麻原彰晃ではなくお父さんの松本智津夫さんであり、過去のオウム教団でもないと思います。なので麗華さんには麻原彰晃やオウム教団には見切りを付けて、これからは新たな生命体になる事を期待したいです。

  2. そして私が麗華さんに是非とも進言申し上げたい事は、

    オウム真理教の麻原彰晃とは、その麻原彰晃が一旦憑依した者は、その麻原が抜けた時にはその者は完全に破壊され崩壊している事です。

    その麻原彰晃を表す要の道具として憑依された松本智津夫さんが典型です。オウム真理教が数あるカルトの中でも最も危険とされる理由でもあります。

    上祐さんは今はしきりに麻原批判をしていますが、それは途中で麻原彰晃としての要を足さなくにり壊れてしまった。松本智津夫に対する批判であり、実際には上祐さんは現在も麻原に憑依され麻原の影響下にあり、麻原彰晃の一部です。

    そして麗華さんもその臥しがある!麗華さんの中の麻原彰晃は完全には抜けてはいない!

    しかし、その麻原彰晃とは本来、自然を蔑ろにした人間への主張であり、常に人間は自然と共生なくしてその生存の無い事を警鐘する存在でもあり必ずしも悪い意味ではありません!

    その自己の中の麻原彰晃を良きものとするには、その麻原彰晃を生んだ自然に対する畏敬とその人間の蛮行に対する大自然への御供養です。

    これは難しい事ではありません!麗華さんは機会があれば、松本智津夫さんの故郷の熊本県に出向き、あるであろうお父さんの御先祖のお墓参りをして、

    熊本県の水俣湾にある汚染地域を埋め立てた公園がありそこには確か水俣病の慰霊碑があるので、そこに献花しその不知火海の自然に対する畏敬と鎮魂の願いを込めての御供養の祈りを捧げれば良いのです。

    さすれば、麗華さんの中の麻原彰晃は麗華さんを守り、麗華さんの優れた資質を過去のオウムではない新たな生命体として麗華さんを導く事でしょう、

  3. 麗華さん、こちらには。

    仕事でのストレスが溜まり、仕事帰りにスポーツ

    ジムでいつもより重い重量を扱い過ぎて全身が痛

    く、逆に寝られずに違うストレスが溜まる一日で

    した。。。

    自分は市役所で児童虐待防止の仕事をしていて全

    然違うのですが、麗華さん心を強く、心を強くで

    す。

    お父さんの治療がすぐにされることを自分も願い

    ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です