血が……

血が……

「大丈夫か、大丈夫か、A!」
起き上がった父が問う。
「大丈夫ですか、大丈夫ですか?」
Aが父に問う。
「大丈夫か、怪我していないか?」
「大丈夫ですか、すみません。本当にすみません。大丈夫です。わたしは大丈夫です」
「本当に大丈夫か?」
そのときAは父が怪我をしていることに気づき、何かに追い立てられるようにウエットティッシュを取り出しては、父の傷をぬぐいはじめた。
Aはほとんど泣いていた。
「怪我してる。すみません、すみません」
父の傷をぬぐったウエットティッシュは、血に染まっていた。
Aが父の傷を消毒するのを助けるため、側に立っていたBさんもウエットティッシュをAに差し出した。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。