父も気づいていたようです

父も気づいていたようです

父が東京拘置所に移管された直後の1996年4月初めから父は東京拘置所が提供する食事を一切とらなくなりました。
代わりに、薬を混ぜ込めないような食べ物の差し入れ依頼が家族に来るようになりました。
当時は修行のためかと思っていましたが、父が差し入れ依頼をしてきた食べ物のリストを見ると、目が見えなくても薬が混ぜられていないとわかり、安全に食べられる食べ物ばかりでした。
それとは別に、医師が父に精神安定剤を注射しているところを衛生夫が見たという週刊誌の記事もありました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です